ナイジェリアの暗号通貨税制移行は「時期尚早」-地元関係者

ナイジェリアブロックチェーン技術協会(SIBAN)の会長であるObinna Iwunoは、2023年の財務法の実施についてコメントしました。この法律は5月28日に制定されました。Iwunoによると、この法律の成功した実施は、早すぎる導入のために困難だとされています。

この法律は、国の財政枠組みを近代化するための一連の税制改革を導入しています。その中には、暗号通貨を含むデジタル資産の売却益に対する10%の課税も含まれています。

Iwunoは、現在の不確実な状況で暗号通貨に10%の課税を導入することを批判し、それは馬の前に荷車を置くようなものだと述べました。彼は、ナイジェリア中央銀行(CBN)が商業銀行に対して暗号通貨を含む金融取引を促さないよう指示している現在の問題に言及しました。

商業銀行がまだ暗号通貨の取引を処理できないため、認識されていないまたは定義されていないものに対して課税することがどのように可能か疑問に思い、課税する前に明確さと有効なインフラが必要だと強調しました。Iwunoは、この点を支持して、ナイジェリアの国家情報技術開発庁(NITDA)がブロックチェーン技術を共同で定義し、国家政策の策定に取り組んだことを引用しました。

ナイジェリアでは、近々暗号通貨と外国為替の利益に対して税金を支払うことになると読みました。利益の10%は政府に渡ります。その見返りは何でしょうか?

— CryptoLord NE (@CryptoDefiLord) June 8, 2023

Iwunoは、暗号通貨はセキュリティ、通貨、技術を含んでおり、それぞれナイジェリア証券取引委員会(SEC)、中央銀行(CBN)、NITDAが監督していると強調しました。各組織にはそれぞれの役割がありますが、暗号通貨について包括的で統一的な理解が必要です。共通の定義が確立されれば、政策立案者は適切な政策、規制、課税措置を開発することができます。

Nigerian cryptoステークホルダーがSECやCBNに懸念を伝えたかどうか尋ねられた際、Iwunnaは彼らが連絡し、現在回答を待っていることを確認しました。一部の議論は行われましたが、明確な決定はまだされていません。

関連記事: Binanceが詐欺的なナイジェリアの組織に差し止め通知を送る

税収基盤の拡大を目指す政府の意図を認識しつつ、Iwunoは暗号通貨業界の成長を妨げないようにすることが重要だと述べました。課税の意味と暗号通貨の認識および関連手続きとの関連性についての明確さが求められています。

Iwunoによると、電子ナイラの導入時に観察されたような協議の不足は、課税法の採用を妨げる可能性があります。デジタル資産のエコシステムとの協力があれば、数百万人のナイジェリア人が迅速に電子ナイラを受け入れることができたかもしれません。

雑誌: セネガルでのビットコイン: なぜこのアフリカの国はBTCを使用しているのか?