ニフティニュース:セガの役員がP2Eゲームを「退屈だ」と発言、トム・ブレイディのNFT企業が方針を転換、その他

セガ幹部、P2Eゲームにあくび

この幹部は、プレイ・トゥ・アーン(P2E)ゲームを「つまらない」と呼んでおり、同社が最も人気のある作品の一部をブロックチェーンゲームスペースに供与する計画を見送る中で、その意見を述べました。

7月6日、Bloombergは、ソニック・ザ・ヘッジホッグを手掛けるゲーム会社の共同COOである内海修司氏が、現時点ではブロックチェーンゲームの開発計画を棚上げすると発表したと報じました。

第三者のブロックチェーンゲームプロジェクトもセガの最も大きなフランチャイズにアクセスできないと内海氏は付け加えています。

「プレイ・トゥ・アーンゲームのアクションはつまらない。ゲームが楽しくなければ、意味がありません」と彼は言いました。

ただし、あまり知られていないセガのタイトルの一部は、非代替性トークン(NFT)コレクションにライセンスされ、今年後半に発表される予定のブロックチェーンゲームに取り組んでいます。セガはまだ関連プロジェクトに数百万ドルを投資しています。

速報:SEGAの共同COOである内海修司氏が、SEGAの最も大きな知的財産であるソニックがブロックチェーンを使用しないことを確認しました。それによって価値が下がるのを避けるためです。 #SonicNews 彼らは伝説の「スーパーゲーム」にWeb3を使用するかどうかについては明言していません。ソース:https://t.co/fgeVTRYHdB

— Sonic Stadium ✪ Sonic the Hedgehog Community (@sonicstadium) July 7, 2023

セガが過去1年間にわたって宣伝してきた「スーパーゲーム」が、2026年に発売される際にWeb3テクノロジーを使用するかどうかは未定です。

内海氏は、ゲーム内アイテムをゲームタイトル間で移動するなどのケースでは、この技術は役立つと考えていますが、セガはより広範な利用が見られるまで様子を見るかもしれません。

「この技術がこの業界で本当に普及するのかどうかを調査中です」と内海氏は述べています。

トム・ブレイディのNFT企業、NFTとの関係を終了

アメリカンフットボールのプロ選手であるトム・ブレイディは、彼のNFTに焦点を当てたスタートアップ会社であるオートグラフの戦略を変更しており、現在はNFTから離れています。

7月6日、ニューヨーク・タイムズは、オートグラフのマーケティングが暗黙のうちに暗号通貨の言葉を削除し、NFTなどの用語を控えめにし、新たな焦点をスターとファンの忠誠心を高めることに置き換えたと、同社に精通した人々によって報じました。

ブレイディは2021年にこの会社を共同設立し、2022年1月に1億7000万ドルのシリーズBを獲得し、ESPN、PGAツアーなどとのNFT契約を結びました。

オートグラフの収益は、同社の財務に詳しい人によると、2022年に広範な仮想通貨市場の下落に合わせて低迷したとされています。

ブレイディは、現在破産した仮想通貨取引所FTXとの関係で、仮想通貨業界での評判が損なわれています。また、彼は取引所の有名人プロモーターを対象とした集団訴訟に名を連ねています。

ユーロメタバースに規制の必要なし…まだ:EU競争委員長

メタバースとそれを作り出す人々は、少なくとも現時点では特定の規制を心配する必要はありません。

6月6日、ロイターは、EU競争委員マルグレーテ・ヴェスターゲル氏が、テック巨人のマイクロソフト、メタ、アップルが新興セクターを制覇しようと数十億ドルを投資しているにも関わらず、この分野で懸念が引き起こされていないと述べたと報じました。

新興市場での一部の企業による大規模な支出は、ヴェスターゲル氏にとって競争上の懸念を引き起こすものではありません。

「実際には、仮想世界に関しては多くのイノベーションが見られます。どの企業も独占すると主張することはできないと思いますが、それが私たちが調査したいことです。」

ヴェスターゲル氏によれば、既存のEUの市場独占、プライバシー、人工知能に関する規則もメタバースに適用できます。

#Alphabet #Amazon #Apple #ByteDance #Meta #Microsoft #Samsung ⬆️the #platforms that notified us under the #DMA If confirmed as gatekeepers, they will need to comply with #DMA keep markets fair & open, for us to have wide and affordable choices online https://t.co/0tqmE02r1u pic.twitter.com/h4wn3mUGKc

— Margrethe Vestager (@vestager) July 4, 2023

「ヨーロッパでは、デジタルの法的枠組みが存在しています」と彼女は付け加えた。「私たちは規制に飛びつくことなく、まず最初に安全対策としての規制を導入する必要はないことを知るために、探求する時間があると思います。」

ヴェスタガーは来週、メタバースに関連した新たなイニシアチブを発表し、独占禁止法規制当局がこの領域を理解するのを支援することを目指していると述べました。

メジャーリーグベースボールが新たな仮想球場を手に入れる

アメリカのプロ野球は、メタバースにスタジアムを手に入れます。これは、ファンが集まるための仮想世界を保有する初のプロリーグです。

7月5日、メタバーステクノロジー企業のImprobableは、新しい仮想空間を発表し、「MLB仮想球場」という創造的なタイトルを付けました。

関連記事: はい、シークレットサービスにはNFTコレクションがありますが、それは販売されていません

この仮想スタジアムは、Improbableの「MSquared」という相互運用可能なWeb3メタバースのネットワーク内で開発されました。Improbableはまた、NFTの複合体であるYuga LabsがOthersideメタバースを構築するのを支援しました。

⚾️ 新しい@MLB仮想球場のローンチを発表します。 (1/7) #MLB仮想球場では、ファンが同時に1つの場所で集まり、交流することができるため、これまでにない大規模なインタラクティブなスポーツ体験を提供する最初のサービスになります。 pic.twitter.com/dA9v0iXiAI

— Improbable (@Improbableio) July 5, 2023

MLBのメディア・ビジネス開発担当エグゼクティブバイスプレジデント、ケニー・ガーシュは「メジャーリーグの試合に参加する機会を持っているわけではないすべての人に」と述べ、「インターネット接続を持つ誰にでも」それが開放されたと述べました。

Improbableの創設者兼CEOであるハーマン・ナルーラは、この技術が「デジタルアセットの創造と販売に役立つ可能性がある」と考えています。リーグはNFTプラットフォームのCandy Digitalと既存のパートナーシップを持っています。

その他のニフティニュース

Nansenという分析会社が提供したデータによると、イーサリアム上のNFTロイヤルティは2年ぶりの低水準になっています。このロイヤルティの低下は、Yugaの代表的なBored Ape Yacht Club NFTのフロア価格も下落していることと関連しています。

Animoca Brandsの共同創設者であるヤット・シウは、ブロックチェーンゲーミングセクターに対して楽観的な見通しを持っており、800億ドルのメタバースファンドを活用する前にライセンスを取得する予定です。

NFTコレクター: SnoopのNFTノスタルジア、ザ・グースがSotheby’sにGen Yを引き寄せる