NFTクリエイターのロイヤルティ支払いが2年ぶりの低水準になった:Nansen

非代替可能トークン(NFT)のロイヤリティ支払いの強制に関して、プラットフォームとクリエイターの間で緊張が続いていましたが、コレクターたちは任意のロイヤリティ支払いを回避し続けているようです。

データ分析プラットフォームのNansenが水曜日に発表したレポートによると、NFTのロイヤリティ支払いは6月に2年ぶりの低水準に下落しました。ロイヤリティ支払いは2022年4月にピークを迎え、1週間で28,000 ETH(約7600万ドル)のクリエイターの収益をもたらしました。一方、6月のピーク週では、クリエイターたちは合計で2,000 ETH(約380万ドル)を稼ぎました。

クリエイターへの支払いの急激な減少は、ロイヤリティオプションのマーケットプレイスBlurの台頭と、主要プラットフォームOpenSeaのポリシーによってさらに悪化しています。現在、OpenSeaでクリエイターの収益を強制するには、コレクションがスマートコントラクトにオンチェーンの強制方法を含める必要があります。それ以外の場合、ロイヤリティ料は最低0.5%に設定されます。一方、Blurは最低0.5%のロイヤリティを強制します。どちらの場合も、コレクターはクリエイターへのロイヤリティに追加の貢献を選択することができますが、実際にはそのような実践は一般的ではないようです。

Nansenのアナリスト、ハビエル・セルダンとエドワード・ウィルソンは、両市場がロイヤリティの支払いを低く抑えながら取引を促進するために競合しているとKocooに語りました。

「ロイヤリティは2月以来減少しており、BlurはOpenSeaと同等のロイヤリティシェアを獲得するためにより大きなシェアを獲得しています」とセルダンとウィルソンは述べています。「実際、この過去2週間でBlurがロイヤリティのシェアを支配していました」

6月の減少にもかかわらず、Nansenによると、いくつかのブルーチップのコレクションは発足以来数百万ドルのロイヤリティを稼いでいると報告されています。

2022年7月4日現在、NFTの巨大な存在であるYuga Labsは、Bored Ape Yacht Club、Mutant Ape Yacht Club、Otherdeed for Othersideを含むコレクション全体で合計約1億6600万ドルのロイヤリティを稼いでいます。また、NFTコレクティブのChiru Labsは、旗艦のAzukiコレクション、および派生プロジェクトのBEANZとElementalsで約5800万ドルのロイヤリティを獲得しています。

レポートは、Bored Ape Yacht Clubの底値が20か月ぶりの低水準に下落し、Azukiの失敗したElementalsの販売開始の前からロイヤリティの支払いが減少し始めたと指摘しています。

NFTのロイヤリティを尊重すべきかどうかについての議論は、Blurがゼロ手数料のマーケットプレイスを立ち上げ、プロのNFTトレーダーを引き寄せるために、トップマーケットプレイスのOpenSeaに対抗した2021年10月から激化しました。クリエイターやコレクターからの批判により、Blurはコレクションがクリエイター料金の支払いを強制するかどうかを選択できるようにしました。

X2Y2やMagic Edenなどの他のNFTマーケットプレイスも、一時的にゼロ手数料に切り替えた後、最近ロイヤリティの強制ポリシーを変更しました。