NFT創作プラットフォームのZoraが、クリエイターに焦点を当てたLayer 2をローンチします

クリエイターやブランドが非代替トークン(NFT)を生成するために使われる人気プラットフォームZoraは、クリエイティブをサポートし、コストを最小限に抑えるために独自のレイヤー2ブロックチェーンネットワークを開始しました。

ZoraネットワークはEthereumによって保護され、Optimismの技術スタック上に構築されています。プレスリリースによると、新しいネットワークは、ガスの効率性とスケーラビリティに重点を置いて、プラットフォーム上でのNFTの生成を「より迅速かつ安価で楽しいものに」します。オンライン文書によると、ネットワークを通じてNFTを生成するのに「50セント以下」しかかかりません。

Zoraの共同創設者でCEOのJacob Horne氏は、レイヤー2として、ネットワークがクリエイターの手数料を補助するために「経済メカニズムを実験する」ことができるとKocooに語りました。

このプラットフォームは、既存のすべてのZoraのツールや体験に統合され、sound.xyz、PleasrDAOなどを含む35以上のグループやプラットフォームですでにサポートされています。

Zoraは、NFTに深い専門知識を持つチームによって「構築、ローンチ、デザイン」されたので、プラットフォームがユニークであると述べています。NFTアーティストのLatashá氏は、2021年6月からZoraのコミュニティ責任者として活躍しています。

ZoraのスポークスマンはKocooに対して、「創造性とコミュニティの文化」を創出しており、アーティストやクリエイターを製品の中心に置いていると述べました。同社は最近、トレンドのNFT生成物をハイライトする機能や、コメント付きの生成、ユーザープロファイルのカスタマイズなどの新機能を統合し、それを「Web3のTumblr」と位置付けています。

創設されて以来、プラットフォームは人気を博し、月間アクティブユーザーが10万人を超えました。Crunchbaseによると、ZoraはHaun Venturesが主導した2022年5月の5000万ドルのラウンドを含む3つのラウンドで合計6,000万ドルを調達し、スタートアップの評価額を6億ドルにしました。Zoraの注目すべき投資家には、Paradigm、Kindred Ventures、Coinbase Venturesなどがいます。

Toby Leah Bochanによって編集されました。