「NFTバブルが正式に弾けました:95%以上のNFTコレクションにはゼロの価値があります」

NFTバブル弾ける:95%以上のNFTコレクションはゼロの価値

出典:Adobe / slasnyi

非代替可能トークン(NFT)は、かつてデジタルアートやコレクタブルの世界で愛されていた存在ですが、現実的な評価が下されています。

最近、Web3のレビューウェブサイトdappGamblが行った調査によると、暗号通貨の追跡サイトCoinMarketCapとNFT Scanのデータを使用した結果、95%以上のNFTコレクションが事実上無価値になっていることが明らかになりました。

この事実は、数百万ドルの価格がついたデジタルアート作品が頻繁に取引されていた1年前に見られたNFTバブルの崩壊を浮き彫りにしています。

調査対象となった73,257のNFTコレクションのうち、驚異的な69,795のコレクションが正確にゼロイーサリウム(ETH)の時価総額を保有していました。

この調査結果は、現在何百万人もの人々が実体価値のないNFTを保有していることを示しています。

この調査結果は、ソーシャルメディアプラットフォーム「X」上の仮想通貨コミュニティメンバー間で広く共有され、NFT市場が現在「完全に死んでいる」と認める人々もいます。

2021年と2022年の爆発的な成長

NFT市場は、2021年と2022年に爆発的な成長を見せ、月間取引高は28億ドルに達しました。

この期間中、Bored ApesやCryptoPunksなどの注目のコレクションが数百万ドルで取引され、Stephen CurryやSnoop DoggなどのセレブリティもNFTフレンジーに参加していました。

しかし、調査結果が示すように、市場はその後大幅に冷え込みました。

すべてのNFTコレクションのうち、圧倒的な79%が未売のままであり、ますます必死な売り手に対して買い手に有利な環境が生まれています。

低価値のプロジェクトを除外しても、多くのコレクションは現在ほとんど価値を持っていません。

時価総額でトップ8,850のコレクションのうち、18%は無価値であり、41%はわずか5ドルから10ドルで評価されています。

さらに、コレクションのうち1%未満が6,000ドル以上の価値を持ち、かつては日常茶飯事だった数百万ドルの取引とは対照的な状況です。