韓国が初の独立した暗号通貨法案を可決し、投資家保護を強化

韓国は、地域の投資家保護を促進するため、デジタル資産に関する最初の独立法を実施しました。この取り組みは、昨年のテラエコシステムの大規模な崩壊が引き金となり、2兆ドルの暗号通貨市場の下落が起こった1年後に行われました。

金曜日、韓国の議会は仮想資産ユーザー保護法を可決し、合計19の暗号通貨関連法を統合しました。この法律では、デジタル資産の明確な定義が設定され、非公開情報の使用、市場操作、不公正な取引行為など、さまざまな違反に対する罰則が設けられます。

この法律により、最高金融監督機関である金融サービス委員会(FSC)は、暗号通貨事業者および暗号通貨保管業者の監督権限を得ます。また、韓国銀行もそのようなプラットフォームを調査する権利を持つことになります。さらに、この法律では準備資金、保険適用、およびその他の必要な記録保持が要求されます。このルールはビットコインなどのデジタル資産を対象としますが、証券と見なされるトークンには既存の資本市場法が適用されます。

新しい規則に違反すると、個人は最低1年の禁錮または著しい罰金を受ける可能性があります。たとえば、金融サービス委員会は不公正な取引行為によって得られた利益の2倍の罰金を課す権限を持っています。

韓国の暗号通貨産業の改革

昨年、Terraform Labsの崩壊により、投資家の富400億ドルが失われました。Terraの創設者であるDo Kwonは現在、モンテネグロでの刑期を迎えています。

Kwonに関連するフォールアウトに加えて、韓国に関連する2つの仮想通貨貸付業者が6月に一時的に引き出しを停止したことで、投資家はデジタル資産セクターの持続的なリスクを再確認しました。

ソウルでの有名な殺人事件が、仮想通貨投資の損失と関連付けられたことで、政治家が新しい規制の実施を急ぐ必要性がさらに強調されました。ソウルの韓国ブロックチェーン企業促進協会の事務局長であるLee Suh Ryoung氏は、この開発について次のように述べました:

「当局の秩序構築の試みを歓迎します。ただし、法律は一般的には暗号通貨を規制する際に、伝統的な金融の視点に立っています。」

4月には、韓国の月次スポット暗号通貨取引高が大幅に減少し、ピーク時の約2000億ドルから380億ドルに低下しました(CCDataのデータによる)。ただし、同国はまれに仮想資産の熱狂で知られています。

世界各国はデジタル資産の規制強化に取り組んでいます。香港やドバイなどの地域は、仮想通貨投資を引き寄せるために努力しています。また、欧州連合は最近、画期的な仮想通貨市場法(MiCA)を可決しました。米国の機関もFTX取引所の破産など、一連の事件に対応して行動を起こしています。