ニューヨークのメトロポリタン美術館が、FTXからの寄付金550,000ドルを返却することに同意しました

ニューヨークのメトロポリタン美術館は、11月に暴落した暗号通貨取引所FTXから受け取った寄付金$550,000を返還することに同意したと、金曜日の裁判所文書によって明らかになった。

裁判所文書によると、美術館は、FTXの米国法人であるWest Realm Shires Servicesが昨年3月と5月に行った支払いを全額、さらなる訴訟なしで返金することに同意している。

「メトロポリタン美術館は、寄付をFTX負債者に返還したいと考えており、FTX負債者とメトロポリタン美術館は、返還に関して誠実かつ公正な交渉を行っています」とFTXが申し立て、裁判所の承認後1か月以内に返金が行われる予定である。

FTXの創設者で元最高経営責任者のサム・バンクマン・フリード氏は、効果的な利他主義の提唱者であり、取引所が調達した資金をさまざまな価値ある目的に支援するために使用していた。現在は新しい経営陣の下、FTXが行った寄付を回収し、政治的な寄付も含めた債権者に返済することを目指している。

詳細はこちら: How Effective Altruism Power Brokers Helped Make Sam Bankman-Fried

サンダリ・ハンダガマによる編集。