ネットフリックスは、ハリウッドのストライキに目を向けながら、高給のAIポジションを提供しています

Netflix offers high-paying AI positions while keeping an eye on the Hollywood strike.

Screen Actors Guild‐American Federation of Television and Radio Artists/Writers Guild of America(SAG-AFTRA/WGA)が、映画やテレビ制作における人工知能(AI)の使用についてのストライキが2週目に入る中、NetflixはAI開発者を募集しています。具体的には、R&D LabsおよびMachine Learning部門でのプロダクトマネージャーおよびテクニカルディレクターのポジションを募集しています。

求人広告において、NetflixはMachine Learningプラットフォームの効果を向上させることを目的とした新しいプロダクトマネージャーのポジションを設立していると述べています。

Netflixによれば、両ポジションはカリフォルニア州ロスガトスの本社に配置されますが、リモートでの勤務も可能です。これらのポジションには6桁の給与が付与され、テクニカルディレクターの役職では45万ドルから65万ドル、プロダクトマネージャーの役職では30万ドルから90万ドルまでの範囲で給与が設定されています。

LinkedInでのNetflixの求人リストのスクリーンショット。出典: LinkedIn

ハリウッドの脚本家や俳優の両者は、AIの使用の増加に関して懸念を抱いています。脚本家は、ChatGPTなどの生成AIツールが彼らの仕事を置き換える可能性があることを恐れています。一方、俳優は、背景役に使用されるために彼らの顔や体がスキャンされることに警戒しています。このデータ収集は、最小限または無償で自分の肖像を無期限に使用されることへの懸念を引き起こします。

求人広告は、特に11月にOpenAIのChatGPTが導入されて以来、AIの急速な発展を考慮して、機械学習とAIの専門知識への需要の高さを強調しています。両職種ともに、ゲームデザインおよび機械学習の領域での経験が必要です。興味深いことに、どちらの役職にも学位が必須条件とされていません。

関連記事: SECがAIの使用方法に関する新しい「利益相反」ルールを承認

NetflixのLinkedInの求人広告によれば、これらの空席は先週発生しましたが、興味深いことに、SAG-AFTRAと映画テレビプロデューサー連盟(AMPTP)の交渉が崩壊したタイミングと重なりました。そのため、ストライキ中の脚本家たちに連帯する形で、俳優たちもピケットラインに参加することを決定しました。

この展開により、映画・テレビ業界の契約交渉の重要な時期において、両当事者が集団行動を通じて懸念と要求を表明していることが重要な意味を持つようになりました。

この記事をNFTとして収集し、暗号空間における独立ジャーナリズムへの支援を示し、歴史的な瞬間を保存しましょう。

雑誌: AI Eye: AIのAIコンテンツへのトレーニングがMADになり、ThreadsはAIデータのロスリーダーですか?