アリババとのパートナーシップによりNEAR価格が急騰

  • NEARは、アリババとのパートナーシップのニュースが入った後、月曜日に二桁の上昇率を記録しました。
  • NEARトークンは、$1.61の高値を記録し、6月初旬以来の3週間ぶりの高値となりました。
  • NEARの上昇は、NEAR財団がアジアと中東でWeb3を支援するためにアリババクラウドとのパートナーシップのニュースに続いています。

NEARブロックチェーンの開発を支援する非営利団体であるNEAR財団は、中国のテック巨人アリババのコンピューティングおよびストレージ部門であるアリババクラウドとの重要なパートナーシップを結びました。

ニュースが入った後、NEARプロトコルの価格は2桁の上昇を記録し、月曜日早朝に$1.35から$1.61に急騰しました。NEAR/USDの3週間ぶりの高値は、先週の上向きの勢いから始まったビットコインETFのニュースに背中を押された広範な仮想通貨市場が上昇しようとしている中で記録されました。

NEAR財団がアリババクラウドとパートナーシップを結ぶ

NEAR財団は、アジアと中東でWeb3の普及を促進するためにアリババクラウドと提携することになりました。

このスイスに拠点を置く非営利団体の発表によると、この協力によりNEARはクラウドコンピューティングプロバイダーのデベロッパーエコシステムにアクセスすることができます。

NEARプロトコル上で開発を進める開発者が増えることで、アジアと中東の多くの開発者がこのネットワークを活用することになります。具体的には、パートナーシップにより、NEARプロトコルの開発者はアリババクラウドの「プラグアンドプレイ」インフラストラクチャを簡単に活用できるようになりました。

また、ユーザーは、リモートプロシージャコール(RPC)をサービスとして利用できるため、ブロックチェーンデータやトランザクションにマルチチェーンでアクセスできます。

アリババクラウドとのパートナーシップは、NEAR財団が韓国のゲーム会社INVENのWeb3子会社であるVortex Gamingと提携した数日後に発表されました。このパートナーシップは、Vortex GamingとNEARゲームエコシステムのWeb3ゲームを強化することを目的としており、オフラインハッカソンを通じて実現されます。

Vortex Gamingは、NEARのレイヤー1プロトコルと、オープンウェブのブラウジングと発見のためのマルチチェーン互換レイヤーであるブロックチェーンオペレーティングシステム(BOS)を活用する予定です。NEAR財団は3月にBOSを発表し、オープンウェブのブラウジングと発見のためのマルチチェーン互換レイヤーをエコシステムにもたらしました。