NEAR Foundationのマリーク・フラメントCEOが辞任

NEAR Foundation CEO Marieke Flament resigns.

NEAR Foundation(NEAR)のCEOであるMarieke Flamentが、2年間の役割を終えて辞任しました。NEARプロトコル(NEAR)の背後にある組織を運営していた彼女の後任には、財団の総務担当であるChris Donovanが就任する予定です。Flamentは、年末までDonovanの戦略アドバイザーとして残る予定です。また、Flamentは財団の評議会の役員として留まります。

「2年前に参加した時、NEARのユーザー数は約5万人でしたが、現在では1日のアクティブユーザーは250万人を超えています」とFlamentはCoinDeskのインタビューで述べました。彼女はDonovanが現在の「規制の風景」を考慮に入れたCEOの役割に適任であると付け加えました。「私たちだけがこのような動きをしているわけではありません」とも述べました。

NEARプロトコルは現在、DefiLlamaのデータによると、総ロックバリュー(TVL)の面で34位にランクされています。これは特定のブロックチェーンエコシステムに預けられている資金の量を示す指標です。

2022年9月、NEAR FoundationはCaerus Venturesとのパートナーシップにより、1億ドルのベンチャーキャピタルファンドとベンチャーラボを立ち上げました。

編集:Nick Baker。