ナスダックは、ブラックロックのビットコインETFに関する改訂申請書をSECに提出しました

  • 内容 NASDAQはブラックロックによるビットコインETFの上場申請をSECに再提出しました
  • 理由 SECは先週、元の提出内容の詳細について懸念を表明しました
  • 次のステップ SECは最終的な決定の日についてはまだ提供していません

Nasdaqは、ブラックロックによるビットコイン上場投資信託(ETF)の米国証券取引委員会(SEC)への上場申請を再提出しました。

月曜日に公開された更新された申請書には、元の提出に関するSECの懸念に対処するための追加の詳細が含まれています(Reuters報道)。

リーディングな仮想通貨取引所であるCoinbaseは、世界最大の資産運用会社による支援を受けた提案されたETFの市場監視サポートを提供します。

SECは以前、Nasdaqの元の申請書の明確さと完全さに懸念を表明し、同様の懸念をCboeに対してFidelityからの申請書についても持っていました。

SEC vs仮想通貨

先月、SECはCoinbaseを取引所として登録しなかったことを理由に訴えました。

FidelityのビットコインETFのCboeの申請書によると、このプラットフォームは5月の米ドルとビットコインの取引量の約半分を占めていました。

SECに対する訴訟に対して、Coinbaseは、彼らのプラットフォームで取引される暗号資産は証券とは見なされないため、規制当局が彼らに対して民事訴訟を提起する権限がないと主張しました。

SECは以前、FidelityのビットコインETFを含む数々の現物ビットコインETFの申請を拒否してきました。

これらの場合、SECは詐欺的および操作的な慣行を防止し、投資家保護と公共の利益を確保するための基準を満たしていないとしています。