ナスダック、ソフトウェア企業Adenzaの買収に向けて105億ドルの契約を締結

最近、グローバル金融システムにサービスを提供するアメリカのテクノロジー企業であるNasdaq Inc(NASDAQ:NDAQ)は、ソフトウェアアプリケーションプロバイダーのAdenzaを買収することを発表しました。この取引は、アメリカの民間エクイティおよび成長資本企業であるThoma BravoからNasdaqによる完全買収を含む、現金および普通株式で105億ドルの価値があります。

興味深いことに、この買収はNasdaqとAdenzaの両方に重要な影響を与えることになります。Nasdaqにとって、この買収は、金融テクノロジー分野での提供拡大を目的とした戦略的な動きです。また、Adenzaのクラウドベースのソリューションは、取引や市場監視プラットフォームを含む、既存の製品やサービスのスイートに補完されます。

NasdaqとAdenzaにおける買収の意義

製品提供の拡大に加えて、この買収はNasdaqが収益ストリームを多様化するのにも役立ちます。デジタルバンキングの成長と金融テクノロジーのソリューションへの需要の増加に伴い、NasdaqはAdenzaのクラウドベースのソリューションが提供する機会を活用するために、よく位置づけられています。

Adenzaにとって、この買収は企業の成長軌道における重要なマイルストーンを表します。Adenzaは、金融機関向けのクラウドベースのソリューションのリーディングプロバイダーとして自己を確立してきました。Nasdaqの支援により、Adenzaは成長を加速し、新しい市場に進出することができます。

また、この買収のもう一つの重要な利益は、AdenzaのNasdaqの広範な顧客基盤へのアクセスです。テクノロジー企業のグローバルなリーチと金融機関との確立された関係は、Adenzaによってそのソリューションをより広い観客に展示するプラットフォームを提供します。これにより、同社は市場シェアを増やし、収益成長を推進することができます。

一方、この買収は、業界が進化し、大手企業が提供拡大と競争優位性を獲得しようとする中で、明確な信号となっています。また、Adenzaの最高経営責任者であるDidier Bouillard氏は、この買収により、両社は顧客が最も困難な問題を解決するために拡張されたソリューションが提供されるように、より強い立場にあると述べています。

Nasdaqが暗号通貨の野望を追求する

アメリカ合衆国での高圧的な規制措置にもかかわらず、Nasdaqは、暗号通貨の保管サービスを提供することについて承認を得ることに楽観的です。取引所オペレーターは、クライアントに暗号通貨の保管および取引サービスを提供するために、ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)の承認待ちの遅れによって妨げられています。

同様に、Nasdaqは、Three Arrows Capitalの倒産後、暗号通貨の領域に参入する意向を示しています。同社は、大規模な破産が全体的なセンチメントを汚した後も、暗号通貨の野望を推進し続けています。

すべてを考えると、Nasdaqは、米国の暗号通貨市場での台頭を推進するための規制的な明確さを待ち望んでいます。同社はまた、流動性サービスを提供し、エコシステムを監視するための反金融犯罪の構築を計画しています。