「NASAは、次の月面着陸にブロックチェーン技術を活用する計画を立てています」

NASA plans to utilize blockchain technology for the next lunar landing.

2024年2月、アメリカ合衆国の国立航空宇宙局(NASA)は、フロリダに拠点を置くコンピューティングスタートアップのLonestarとマン島との協力により、月へのペイロードの発射を予定しています。このペイロードには「データキューブ」と呼ばれるものが搭載され、地球に帰還後にブロックチェーン技術を使用して内容が認証されます。このブロックチェーン技術の成功により、NASAの将来の有人ミッションであるアルテミス3(2025年予定)における人類の月面着陸が結論付けられ、否定できないものとなります。

準備完了!

本日、#Artemis IIのクルーと@NASAGroundSysは、打ち上げ当日のデモンストレーションを成功させました。このデモには、テスト用宇宙服、発射台39Bへの移動、クルーアクセスアームホワイトルームへの移動が含まれています。https://t.co/vHl28fVSYR pic.twitter.com/7ed1hGvvy4

— NASAのケネディ宇宙センター (@NASAKennedy) 2023年9月20日

2024年11月、NASAのアルテミスミッションは第二フェーズに進み、アルテミス2の打ち上げが行われます。このミッションには4人の宇宙飛行士が乗り組みますが、彼らの旅は地球を出発し、月を周回し、その後地球に帰還するというものです。月面着陸は含まれていませんが、アルテミス2はアメリカ政府が再び人間を月面に送る前の準備ミッションとなります。

先駆的な長期月面ストレージシステム

アルテミスミッションの枠組みの中で、Lonestarはマン島との協力により、太陽エネルギーを利用し、追加のインフラストラクチャを必要としない持続可能な月面ストレージシステムの開発に取り組んでいます。

BBCのScience Focusによると、この実験では「デジタルフランキング」と呼ばれるデジタルスタンプの作成が行われます。デジタルスタンプは月のデータキューブ内に保存されます。展開後は、ブロックチェーン技術によりデータの完全性と整合性がさらに検証されます。

ブロックチェーンの不変性の興味深い副産物は、将来の月面探査者がこれらのデータキューブを利用して、実質的に月面に存在したことを確認することができるということです。対話の認証はブロックチェーンを介して行われます。これにより、今後の月面着陸に関する陰謀論を払拭する可能性があります。

マン島デジタルイノベーション部の責任者は、Science Focusのインタビューで、NASAが1969年から1972年にかけて行われた6回の有人月面着陸を捏造したという主張を反論するのにNASAが直面した驚くべき困難を強調しました。

ブロックチェーンは20世紀の月面着陸に関連する陰謀論を完全に否定する力を持っていないかもしれませんが、将来の人類の月面探査においては疑いの余地のない記録となるでしょう。このミッションにより、ブロックチェーンは将来の宇宙ミッションで強固な地位を築くことになるでしょう。