NAB(National Australia Bank)は、詐欺被害を抑制するため、ハイリスクな仮想通貨取引所への支払いをブロックしています

NAB blocks payments to high-risk cryptocurrency exchanges to prevent fraud.

ナショナル・オーストラリア・バンク(NAB)は、詐欺損失を抑制するために、ハイリスクな仮想通貨取引所への支払いをブロックし始めます。NABは月曜日にこの禁止を発表しました。仮想通貨に関連するリスクから顧客を保護するために行動を起こしていると述べました。

NABの動きは広範なトレンドの一部です

NABによると、3月から7月までの間に、支払い案内を使用してお客様の支払い合計約2億7000万ドルを停止しました。NABアプリの洞察によれば、アプリでリアルタイムの支払い案内を受け取ったときに、支払いの12%が中止されました。

さらに、オーストラリア金融犯罪取引所の最新データによれば、報告された詐欺資金の50%が仮想通貨との関連があったとされています。2022年にオーストラリア人が投資詐欺により15億ドル以上、そのうち約2億2100万ドルが仮想通貨詐欺による損失を被っているため、詐欺損失による脅威は大きいです。

今年早くも、ウエストパックとコモンウェルス銀行は、バイナンスへの支払いを停止したと報じられています。ANZも特定のハイリスクな仮想通貨取引プラットフォームへの支払いを防止することを明言しています。したがって、仮想通貨取引所への支払いをブロックする動きは、オーストラリアの銀行が仮想通貨取引を制限するための一連の措置の最新です。

禁止はハイリスクな仮想通貨取引所に影響を与えます

この禁止は、バイナンスに影響を与えると予想されますが、NABは具体的な仮想通貨取引所を特定せず、「業界と一致する」アプローチを取ると述べました。しかし、銀行は「高リスク」のプラットフォームに影響を与えると述べています。

NABのグループ調査・詐欺担当エグゼクティブであるクリス・シーハンによれば、多くの詐欺師が仮想通貨プラットフォームを利用して素早く盗まれた資金を洗浄しているとのことです。「これらの犯罪者にとってできる限り困難にし、顧客への影響を減らしたい」と彼は述べています。

複雑化する問題

一方、バイナンスの運営に影響を与える禁止は、オーストラリアでの問題をさらに増やすだけです。オーストラリア証券投資委員会は、4月に地元の派生商品ライセンスを取り消しました。その後、バイナンスは地元の銀行パートナーであるカスカルを失いました。オーストラリアの規制当局はバイナンスのオペレーションを調査していると報じられています。

そして、オーストラリアだけではありません。バイナンスは最近の運営管轄地で非難を浴びています。米国では、商品先物取引委員会(CFTC)とSECは、バイナンスが適切なライセンスなしで運営し、顧客資金を適切に処理していないと非難しています。オランダでは、ライセンスを取得できなかったため、バイナンスは撤退を余儀なくされました。同社はフランスでの違法な運営の非難にも直面しています。

規制当局の攻撃にもかかわらず、バイナンスのCEOであるチャン・ペン・ジャオは、同社の規制への取り組みを繰り返し強調しています。彼は「政策立案者と協力してデジタル資産の未来を形作ることにおいて、単にオープンではなく、積極的に協力したい」と述べています。