「ミャンマーの影の政府が暗号通貨ベースの銀行の立ち上げを支持」

Myanmar's shadow government supports the launch of a cryptocurrency-based bank.

ミャンマー初の完全に暗号通貨ベースの銀行機関が、2022年7月22日にソフトローンチを発表しました。これにより、同国の影の政府が金融サービスと資金へのアクセスをより広範に得ることが可能になる可能性があります。

Spring Development Bankは、ミャンマーの亡命国家統一政府(NUG)が主導する野党運動である春の革命にちなんで名付けられました。NUGは2021年2月に同国を支配した軍事政権である国家行政評議会(SAC)に対して闘争を続けています。

この銀行のターゲット顧客は、ミャンマーに住む5500万人のビルマ人だけでなく、ミャンマー外で生活し働き、頻繁に国に送金する200万人の「ビルマ人ディアスポラ」も含まれます。

Polygon上に構築されたこの銀行の主な目標は、国内外の支払いをより迅速かつ効率的にすることであり、さらに幅広い金融商品への国際的なアクセスを提供することです。

セキュリティ上の理由から匿名を希望するSpring Development Bankの関係者は、仮想通貨がビルマ市民および亡命政府への金融支援を提供するための自然な解決策であるとCointelegraphに語りました。

「Spring Development Bankおよびそれが基盤とするブロックチェーン技術は、NUGの資金調達戦略の自然な進展です。」

新しい暗号通貨銀行は直接NUGによって立ち上げられたものではありませんが、関係者はNUGの全面的なサポートとリソースによって立ち上げられていると述べました。さらに、この銀行はNUGが管理し規制しているミャンマーの暫定中央銀行のライセンスを取得しています。

セキュリティ上の理由から「Calvin T」という名前を使用している同銀行のCEOは、新しい機関の立ち上げがミャンマーにおける金融の自由を回復する第一歩であるとCointelegraphに語りました。

ミャンマーの暫定中央銀行の総裁であり財務および産業担当代行のTin Tun Naing氏は、この銀行を根本的に「革命的な」機関と評価しました。

「軍事によって支配される銀行システムに簡単に資金を移動することはできませんので、信頼に基づき政府によって保証されたこの代替の金融システムを提供しなければなりません。」

Naing氏は、軍事に基づく金融システムが「崩壊」しており、Spring Development Bankが市民の金融資産を保護するのに役立つと主張しています。

伝統的な手段で国に送金する際に課される手数料は、報道によれば最大30%に達するとされています。

関係者は説明しています。「すべてはコストの観点からPolygon上に構築されていますが、またPolygonエコシステムが長期的に生き残ると感じたためです。」

この銀行は、ミャンマーキャット、タイバーツ、シンガポールドル、米ドルを含むいくつかの新しいフィアットペッグステーブルコインを発行します。ユーザーは、これらのアセットを銀行のUniSwap V3上に構築された「通貨スワップ」機能に接続し、ステーブルコインの交換が可能になります。

関連記事: Ripple CLO氏、裁判所の判決が銀行にXRPの採用を促す可能性があると述べる

ミャンマーでは、NUGを支持することを表すためには、電話に間違ったアプリが入っているだけでも、住民は定期的に暴力の公開デモンストレーションや投獄の「例」とされることがあると、関係者は述べています。

そのため、この銀行のユーザーインターフェースは、「ウェブのみ」プラットフォームとして設計されています。

関係者は説明しています。「銀行のインターフェースはアプリのように見えますが、ブラウザの履歴を保存しないため、誰もがインコグニートウィンドウを使用してアクセスすることをお勧めします。」

2021年12月31日、NUGは米ドルペッグのステーブルコインであるテザー(USDT)を法定通貨として宣言し、国際貿易を加速させることを目指しました。

NUGは、2021年10月には、国連の多数のメンバーや欧州議会によって正式にミャンマーの公式政府として認識されました。ただし、アメリカはまだ亡命政府を正式に認めていません。

アジアエクスプレス: 中国がCBDCの触手を拡大、マレーシアが香港の新たな暗号通貨のライバルに