ウェブアクセス可能で自己保管型のMutinyウォレットがオープンベータ版をリリース

Mutinyウォレットは、ウェブアクセス可能で自己保管型のウォレットで、オープンベータ版がリリースされました

「Mutiny Wallet」は、ウェブ上で動作する最初の自己保管型ライトニングウォレットで、正式にオープンベータ版がリリースされました。リリースの発表によれば、このウォレットは、場所やデバイスに関係なく、ビットコイン利用者全体のオンボーディングの課題を解決することを目指しています。発表では、このウォレットが、ウェブブラウザにアクセスできる50億人のグローバルインターネットユーザーに対して、資金の完全な制御と身元確認の必要性の排除を提供することで、その使命を説明しています。さらに、このウォレットは、他のビットコインウォレットでは厳しいApp Storeの要件に制約されている独自の機能を導入することを目指しています。

Mutiny Walletの最初の注目すべき特徴は、ビットコイン上に構築された第2層スケーリングソリューションである「ライトニング」の統合です。このウォレットは、Blockのライトニング開発キット(LDK)プロジェクトを活用して、開発者がライトニングスタックのさまざまな要素をカスタマイズできるようにしています。ユーザーの流動性管理を容易にするために、Mutiny WalletはVoltageとそのFlow 2.0製品と提携し、新規ユーザーがアプリケーションを開くと同時に最初のライトニング決済を数秒で受け取ることができるようにしています。

さらに、Mutiny Walletは、将来的に統一された残高を目指して、ライトニングチャネルの資金とオンチェーンの支出用残高を別々に管理することを導入しました。また、バックアップの重要性を強調し、ライトニング関連データの復元のために暗号化されたリモートストレージを導入しています。発表では、オープンベータ版のフェーズ中にフィードバックを提供するようユーザーに呼びかけており、チームはバグの修正と新機能の迅速な実装に取り組むと述べています。

Mutiny Walletは、Nostr Wallet Connectionsをサポートしており、分散型ソーシャルメディアを実現するプロトコル「Nostr」のチップ機能を提供しています。さらに、MutinyはNostr Wallet Connect上に構築されたプルベースのサブスクリプション機能を導入する予定です。発表では、Mutiny自体のサブスクリプションであるMutiny+の限定特典を提供していますが、将来的には有料の独自機能も計画しています。

ウォレットの進展にもかかわらず、支払いの信頼性やライトニングチャネルの強制クローズなど、潜在的な問題には注意が必要です。チームはライトニングの複雑さを認識し、ユーザーにベータ版フェーズ中に大きな資金をロードしないよう呼びかけています。

Mutiny Walletは、デザイン、フロントエンド、翻訳サポートを提供してくれた個人や、BDKとLDKのチームのようなコアテクノロジーを提供してくれたチームを含む開発者への感謝の意を表しています。ユーザーは、このウォレットをテストし、フィードバックを提供して将来の開発と使いやすさの向上に貢献するよう呼びかけられています。