MultichainのチームはCEOを見つけることができず、影響を受けたチェーンのサービスを停止しました

クロスチェーンプロトコルMultichainは5月31日、CEOのZhaojunに連絡が取れなくなっており、技術的な問題が続いている中で、プロトコルのリーダーシップが中国で逮捕された可能性があるという噂が流れていることが明らかになった。

「チームはプロトコルを維持するために可能なすべてを行っていますが、現在CEOのZhaojunと連絡が取れず、必要なサーバーアクセスを取得できない状況です」とTwitterのスレッドで述べられた。Kocooによると、プロトコルは過去1週間にわたって技術的な問題に直面し、クロスチェーンブリッジを通じたトランザクションが遅延しているという明確な説明がないままです。

過去2日間、Multichainプロトコルは予期せぬ事態により複数の問題に直面しています。チームはプロトコルを維持するために可能なすべてを行っていますが、現在CEOのZhaojunと連絡が取れず、必要なサーバーアクセスを取得できない状況です…

— Multichain (Previously Anyswap) (@MultichainOrg) May 31, 2023

Twitterで流れる噂によると、中国の警察がMultichainのチームを逮捕し、スマートコントラクト資金150億ドルを没収したとされています。KocooはMultichainに連絡を取りましたが、即座の回答は得られませんでした。現時点では、噂は未確認のままです。

multichainチームが中国の警察に逮捕され、コントラクト資金15億ドルを管理下に置かれ、チームメンバーの一部が本日gateにチームアドレスから494200 multiトークンを移転しました。リスクに注意してください。 $multi #MultiChain pic.twitter.com/KpB9ehl5ls

— 0xfleet (@0xfleet) May 24, 2023

Multichainのツイートによると、いくつかのプロトコルはRouter5ノード上の問題によって影響を受けており、チームはCEOに連絡が取れず、問題を解決する許可がないため、Kekchain、Public Mint、DynoChain、Redlight Chain、Dexit、Ekta、HPB、Onus、Omax、Findora、Planqを含む10以上のチェーンに対してサービスを一時停止しました。

「ユーザーの利益を保護するために、影響を受けたチェーンに対応するクロスチェーンサービスをUI上で一時停止することにしました」とプロトコルのチームは述べています。

Twitter上では、暗号コミュニティのメンバーが、Multichainがサーバーにアクセスできず、問題を解決できないことは、プロトコルが分散化から「後退した」ことを示していると指摘しています。

こうした大規模なプロジェクトがこのような問題に直面している理由がわかりません。本当に一人の人間がすべてをやるのでしょうか。これは組織構造としての後退ではなく、分散化に向けた前進ではないように思えます。

— Wonderwilds (@JerbzWee) May 31, 2023

明確な説明がないまま、Binanceは5月25日、BNBスマートチェーン、Fantom、Ethereum、Avalancheブロックチェーンネットワーク上の10のブリッジトークンに対する入金を一時停止しました。説明のないダウンタイムは、Fantom Foundationが分散型取引所SushiSwapで449,740 MULTI(240万ドル)を流動性から削除することにつながりました。ブロックチェーン分析企業Lookonchainは、先週、スマートマネーアカウントに関連する300万ドル相当のMULTI流出を報告しました。

記事:拡張性のための「エンドゲーム」であるZKロールアップ、Polygon Midenの創設者