MUFG、日本最大の銀行がProgmat Blockchainを通じてグローバル安定コインを発行する

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、Progmatブロックチェーンプラットフォームを使用してステーブルコインを発行することに興味を持っており、国内外の企業と協力する可能性があると報じられています。

この動きは、日本の新しいステーブルコイン法に対応したもので、この法律は、主要な経済国の中でクリアなステーブルコイン法を発行する最初の国となりました。この法律は、ステーブルコインが円または他の準備資産となる通貨にペッグされなければならないことを認めています。また、発行トークンは、国内の銀行のライセンスを取得した者および登録された送金業者のみが発行することができます。

ステーブルコインは、関連する資産や通貨に対して安定した価値を保持することが期待されています。これらは、暗号通貨のボラティリティに対抗するために作成されました。しかし、過去に何度か本質が犠牲になった事例があります。その1つが最近のTerraUSD(UST)の価格暴落です。多くの投資家が破産し、合計で400億ドル以上を失いました。

MUFGはステーブルコインを発行することで、ユーザーの信頼を高め、日本経済を支援することができる

ステーブルコインの信頼性は、それらを発行する企業や組織に追跡できることが認められています。もし企業の準備資産がトークンの価値を保証するために十分ではない場合、その価値を失う可能性があります。ステーブルコインにはセキュリティ侵害の問題もあります。ステーブルコインに関する規制問題もこれらのコインに影響を与える可能性があります。日本の法律では、認められた登録済みエンティティのみがトークンを発行およびマイントすることができるため、ステーブルコインユーザーに安心感を与えると言えます。

規制問題が解決され、法律が信頼できる企業にのみトークンの発行を許可することで、ステーブルコインと暗号通貨に対する信頼を回復することができます。ステーブルコインは、USDや円と同じように、それらにペッグされた通貨と同じステータスを持つため、デジタル通貨として使用することができます。

MUFGのプロダクト担当バイスプレジデントである齋藤達也氏は、インタビューで、この動きによりステーブルコイン発行者とそのユーザーがデジタル資産を使用する際の信頼性が向上すると強調しました。銀行が接触している企業について具体的には触れませんでしたが、日本の金融機関、非金融企業、エンターテインメント企業との話し合いが進んでいると述べました。

齋藤氏は、国際的なエンティティからの問い合わせもあると付け加え、日本がステーブルコインが発行される中心地になる可能性があると述べました。彼の言葉:

「これは日本にとって素晴らしい機会です。」

日本はまだ厳格な暗号通貨の規制を持っていると言えますが、首相の岸田文雄氏はWeb3イニシアチブを支援する計画を発表しています。この動きは、ブロックチェーンプロジェクトや企業が国内でより繁栄するのに役立つことができます。