「ド・クォン氏、SECの引き渡し要求は不可能だと述べる」

Mr. Do Kwon says SEC's extradition request is impossible.

テラフォームラブスの共同創設者であるド・クォンの弁護士は、米国証券取引委員会(SEC)がテラマネーエコシステムの崩壊に関連して彼をアメリカで尋問する要求を連邦裁判所に拒否するよう求めました。

9月27日の提出書類によれば、クォンの法律チームは、SECが10月13日までに彼にアメリカで尋問することを要求したことは「不可能」であり、モンテネグロでの拘留中に「予定された釈放または引き渡し日程がない」と述べました。

さらに、クォンのチームは、SECの質問に答えるための書面証言を提供することは、彼のアメリカ法における正当な手続きの権利に矛盾すると述べました。

「不可能なことを命じる命令は実用的な目的を果たさず、司法権限を損なうリスクをもたらします。」

ド・クォンの弁護士は、SECの引き渡し要求は不可能であると主張しています。出典:CourtListener

特筆すべきは、クォンの弁護士が証言に直接反対していないと主張したが、現在保釈中のUSTステーブルコインの作成者であるクォンとの証言はモンテネグロで行われる必要があると述べたことです。

提出書類によれば、SECがクォンとテラフォームラブスに対する訴訟の発見の締め切り日は10月13日です。

クォンの法律チームは、モンテネグロの裁判所が10月13日または10月26日に公聴会を開催する可能性があることを「非公式に」示唆したが、SECはこのプロセスを「不適切」と見なし、発見の締め切り日後にクォンの別の証言を追求する可能性があると述べました。

関連記事: SECがテラフォームラブスの共同創設者であるダニエル・シンを尋問することを求める

SECは、2023年2月16日にテラフォームラブスとクォンを「数十億ドルの暗号資産証券詐欺を計画・実行した」として訴えました。

今日、シンガポールに拠点を置くテラフォームラブスPTE LtdとDo Hyeong Kwonを、アルゴリズムのステーブルコインや他の暗号資産証券を巡る数十億ドルの暗号資産証券詐欺を計画・実行したとして告発しました。

— 米国証券取引委員会 (@SECGov) 2023年2月16日

訴訟では、SECはテラフォームとクォンがそのアンカープロトコルを「宣伝し、マーケティング」し、一時はUSTCの預金に20%の利息を支払うと宣伝していたと述べています。また、Terraのステーブルコインの安定性についても投資家を誤誘導したと主張しています。

クォンとテラフォームラブスの最高財務責任者である韓昌俊は、2023年3月にモンテネグロで逮捕されました。彼らは国外脱出を試みた際に偽造旅行書類を使用したとされています。彼らは2022年10月に韓国で元のパスポートを没収されました。

記事: ブロックチェーンの探偵- Mt. Goxの崩壊からChainalysisが生まれた