「MoneyGramは、2024年第1四半期までに非保管型の暗号通貨ウォレットを開始する予定です」

MoneyGram plans to launch a non-custodial cryptocurrency wallet by the first quarter of 2024.

支払い処理の巨人であるMoneyGramは、同社の最高経営責任者であるアレックス・ホームズ氏がStellar Development Foundationの年次Meridianカンファレンスで発表したところによれば、独自の非信託型暗号通貨ウォレットの発売に向けて準備を整えています。

非信託型暗号通貨ウォレットはStellarネットワーク上に構築され、2024年第1四半期に市場に投入されます。このウォレットはCheesecake Labsとのパートナーシップによって作成され、StellarネットワークとMoneyGramの法定通貨の入出金サービスを活用して、即時トランザクションを容易にします。2024年6月までは無料で利用することができます。

ウォレットは安定コインの技術を活用して法定通貨とデジタル通貨の間を移動することができ、会社の中核的な能力である国境を越えた送金と支払いの決済に焦点を当てるために開発されました。また、ウォレットのユーザーはウォレット内の他のユーザーにデジタル資産を送ることもできると同社は述べています。

デジタル資産をより有用にするために、MoneyGramのウォレットユーザーはパートナーのMoneyGram施設で資産を換金することができます。また、同社はすべてのウォレットユーザーにグローバルなコンプライアンススクリーニングツールへのアクセスを提供し、より安全かつセキュアなデジタル資産の取引を実現します。

MoneyGramはこれまでに、デジタル資産市場を取り入れ、2022年に独自のグローバル法定通貨の入出金サービスを開発しました。デジタル資産-法定通貨の入出金サービスの開始以来、同社はStellarネットワーク上の8つのデジタルウォレットにサービスを拡大しています。これらのサービスにより、消費者は180以上の国で現金化し、世界中の30以上の国で現金化することができます。

関連記事: StellarがUNHCRと提携し、ウクライナの難民にUSDCを通じた現金を提供

Stellarは、非信託型ウォレットのためのMoneyGramのパートナーであり、送金企業の株主でもあります。Stellar Development Foundationは今年の8月にMoneyGramの少数株式を取得し、同財団はMoneyGramの取締役会に席を持っています。

Cointelegraphは詳細についてMoneyGramに連絡を取りましたが、まだ返信は受け取っていません。

この記事をNFTとして収集して、歴史の瞬間を保存し、クリプトスペースの独立したジャーナリズムをサポートしましょう。

Journeys: Hervé Larren氏によるビットコイン、エイプ、および「ブルーチップ」NFTの心理について