「取るに足らないミスがビットコインを8000ドルまで暴落させた」

Minor mistake caused Bitcoin to crash to $8000.

ビットコインは、価格が予測できないほど急激に上下する非常に変動性の高いデジタルアセットとして知られています。時には明確な理由なく価格が上下することもあります。このようなデジタルアセットのフラッシュクラッシュの一例が2021年に起こりました。その時、ビットコインの価格はわずか数分でいくつかの取引所で87%下落しました。しかし、このフラッシュクラッシュの謎は、最初に発生してから2年後に明らかになりました。

元アラメダリサーチのエンジニアが秘密を暴露

アラメダリサーチは、かつてのFTX暗号通貨取引所の姉妹会社であり、CEOであったキャロライン・エリソンによって運営されていました。FTXは倒産した後、取引会社の従業員たちはさまざまな時期に会社で起こった出来事について話を公開してきました。今回、元エンジニアのアディティア・バラドワージュが、単純なミスが会社に数千万ドルの損失をもたらした経緯を語っています。

バラドワージュは自身のX(旧Twitter)アカウントで、アラメダの従業員が2021年にビットコインのフラッシュクラッシュを無意識に引き起こした経緯を明かしました。彼によれば、このエラーは会社で運営されている2つの取引システムの結果でした。

PART 2: THE FAT-FINGER

or

The story of how a misplaced decimal point at Alameda Research caused a market crash that echoed around the world.

(1/n) 🧵#SBF #FTX pic.twitter.com/jCykh6rg1o

— Adi (e/acc) (@aditya_baradwaj) September 20, 2023

元エンジニアは、アラメダが半系統的な戦略を持っており、複雑な自動取引システムがトレーダーが設定したモデルパラメータによって制御されていることを説明しました。第2の取引は、前者がいくつかの理由で取引を実行できない場合に行われる手動取引です。

フラッシュクラッシュを引き起こしたトレーダーの場合、彼らはアラメダの手動取引システムを使用して大量のBTCを売却するために手動で取引を入力する必要がありました。しかし、トレーダーは取引の小数点がいくつかのスペースずれていることに気づかず、現在の価格よりもはるかに低い価格でBTCを売却していたことに気付きませんでした。

この単純なエラーの結果、アラメダはドルのペニー単位でBTCの相当額を売却し、複数の取引所でフラッシュクラッシュが発生しました。価格は数分で$65,000から$8,000まで大幅に下落し、特にFTXとバイナンスの取引所で顕著でした。

ビットコインクラッシュの隠蔽

元エンジニアによると、フラッシュクラッシュの後、アラメダは手動取引が実行される前に利用可能であるべきであった検証手続きを急いで導入しました。彼は、これが会社では破損するまで待ち、それから修正するという普通のことだったと指摘しています。

「アラメダでは通常、何かが壊れるのを待ち、それから修正に取り掛かることがありました」と彼は言いました。バラドワージュはまた、FTXの創設者であるサム・バンクマン・フリードが、イベントの後に得た利益がリスクチェックやハッキングから生じたコストを上回っていると述べています。

彼はまた、バイナンスがフラッシュクラッシュについての声明で、その中の一つの機関トレーダーの取引アルゴリズムのバグを原因としているとコメントしています。「おそらくキャロラインがいくつかの電話をかけたのでしょう」と、アラメダのCEOを指してバラドワージュは述べています。

BTC price holding support | Source: BTCUSD on Tradingview.com