数百万世帯が破産を視野に入れており、抵当不良債権危機が迫っている

英国の財務大臣ジェレミー・ハントが予測する「住宅ローン危機」の可能性は、政府に大きなプレッシャーをかけることになっています。

数百万の家が潜在的な破産状態に向かう中、イギリス政府は困難な家計に対してより多くの支援をすることが期待されています。住宅ローン危機についての話題は、イングランド銀行(BoE)が基準金利を5%に50ベーシスポイント引き上げた後に始まりました。この引き上げ幅は予想を大幅に上回るものでした。

注目すべきことに、これはBoEの13回目の連続金利引き上げであり、2018年以来、基準金利の最高水準でもあります。インフレーションを抑制するために導入されたものですが、多くのイギリスの住宅ローンの金利は中央銀行の基準金利に直接関連しているため、多くの家庭に逆効果となります。

家賃を支払っている人たちにも影響が及ぶ可能性があります。貸主は、より高い住宅ローン返済額を家賃支払い義務者に転嫁することが予想されます。主要な独立系シンクタンクである国立経済社会研究所(NIESR)の調査結果によると、イギリスの全世帯の4%にあたる120万世帯が、年末までに住宅ローン返済の高さにより貯蓄を失うことになるとされています。

もし実際にそれが起これば、破産した世帯の割合は約30%に上昇することになります。NIESRの調査によると、最も影響を受ける地域はウェールズと北東イングランドになるとのことです。NIESRの経済学者マックス・モズリー氏は、政府は金利引き上げの影響に耐えられる世帯を期待すべきではないと述べています。

「基準金利を5%に引き上げることで、数百万の住宅ローン保有世帯が破産の瀬戸際に追いやられることになります」とモズリー氏は述べています。「このような大きなショックに耐えられる世帯を貸し手が期待することはないので、政府も期待すべきではありません。」

住宅ローン危機:貸し手と銀行が解決策に合意

これらすべての中で、ハントは銀行や住宅ローン貸し手、金融行動監視機構と会合を持ち、住宅ローン返済危機について話し合いました。ハントは、6月23日金曜日に開催されたこの会合で、銀行、住宅ローン貸し手、金融行動監視機構が状況を救うための3つの措置に合意したと述べました。

そのうちの1つは、住宅ローン条件の一時的な変更と、消費者の信用スコアが貸し手との話し合いによって影響を受けないことを約束するものです。

家を失う可能性のある世帯には、12か月の猶予期間が与えられました。この期間を過ぎると、承諾なしに差し押さえが行われます。ハント財務大臣は、これらの措置が影響を受けた世帯に安心感を与え、問題を解決するために十分な時間を与えることになると確信しています。

「私たちは、家計とビジネスのプレッシャーを和らげるために、経済から高いインフレーションを排除することが唯一の方法であることをよく知っているので、私たちの決意は揺るぎません」とハントは述べています。