「FTXアカウントドレイナーに関連する数百万ドルのEtherが移動中」

Millions of dollars worth of Ether related to FTX Account Drainer are being transferred.

ブロックチェーンのデータによると、昨年のFTX取引所の明らかな攻撃に関連する約2,500イーサ(ETH)(現在の価値で約400万ドル)が、土曜日早朝に移動し始めました。

FTXアカウントのドレインに関連するウォレットに保持されていたイーサが、約1年ぶりに移動を開始しました。資金は2つに分割され、その後のいくつかの取引で何度か分割されました。700 ETHはThorchain Routerを使用して転送され、約1,200 ETHはRailgunプライバシーツールを介して移動されました。もう1つの中間ウォレットには550 ETHがあります。

Railgunは、ユーザーがトークンを保存し、貸借などの分散型金融サービスに資金を使用できるプライバシーウォレットです。これらのトランザクションはシールドされており、その資金の具体的な使用方法はわかりません。

一方、Thorchainは、ウォレットを公開せずにさまざまなブロックチェーン間でトークンを交換できるブリッジです。

元のウォレットには、現在の価格で約2100万ドルに相当する12,500 ETHがまだ残っています。

FTXおよびFTX USに関連するアカウントは、2022年11月11日にドレインされました。この攻撃は、会社が破産を申請し、創業者のサム・バンクマン・フリードが経営する暗号通貨エンパイアから辞任したわずか数時間後に行われました。当時、攻撃者は6億ドル以上のイーサを奪いました。当時のFTXのゼネラルカウンセルであったライン・ミラーは、現在削除されたツイートで、取引所が他のFTXウォレットから資金を保護するための「予防措置を講じている」と述べました。

資金を奪った攻撃者は特定されませんでした。攻撃後数日で、当時の価値で2,150万ドル相当のイーサがステーブルコインのDAIに変換されました。攻撃者に関連するいくつかのアドレスには、残りの288,000 ETHが残っていました。

土曜日のトランザクションは、バンクマン・フリードがアメリカで詐欺および共謀詐欺の罪で起訴される数日前に行われました。バンクマン・フリードはすべての罪を否認していますが、他の元FTXおよびAlameda Researchの幹部は有罪を認めており、いくつかは元上司に対して証言する予定です。