マイクロストラテジーのマイケル・セイラー氏:暗号通貨の規制上の明確さにより、ビットコインの支配力と価値が急上昇するでしょう

ビットコイン(BTC)市場は、BinanceおよびCoinbase Global Inc(NASDAQ:COIN)に対する現在の法的責任が増大する中、増加するベアリッシュセンチメントにもかかわらず、最大の恩恵を受けています。TradingViewおよびCoingeckoが提供する市場データによると、ビットコインの支配率は約49%で、2年ぶりの高水準に達しました。ただし、MicroStrategy Inc(NASDAQ:MSTR)の執行委員長兼社長であるマイケル・J・セイラー氏は、ブルームバーグ・クリプトのインタビューで、アメリカ合衆国における強化された規制監視により、ビットコイン市場は上昇すると指摘しました。

セイラー氏は、SECによるオルトコイン市場への取り締まりは、ビットコインがより支配的になるのに役立つと述べました。さらに、セイラー氏は、混乱と不安が市場から排除されると、機関投資家からの資金がビットコイン市場に流入すると強調しました。

「規制上の明確さにより、混乱と不安が機関投資家の足かせとなっていたことが排除され、ビットコインの採用が促進されるでしょう。$BTCを中心に暗号業界が合理化し、メインストリーム化するにつれて、ビットコインの支配率は引き続き拡大していくでしょう」とセイラー氏は述べています。

ビットコインのハルビングまで1年を切った現在、セイラー氏はビットコインが現在の価格から楽に10倍になると考えています。暗号資産の歴史の中で、ビットコインのハルビングは大きなブルマーケットを引き起こしました。

しかし、セイラー氏は、多くのオルトコインが将来的にはユーティリティがないため、ゼロになると考えています。さらに、アメリカ政府は中央銀行デジタル通貨(CBDC)の導入を通じて、ドルをグローバルな準備通貨としての権威を確立したいと考えています。

しかし、アメリカは世界経済活動の約25%しか制御しておらず、それによってオルトコイン市場の成長に大きなスペースが残されています。さらに、ヨーロッパ、香港、中東、シンガポールなどの市場も暗号市場を積極的に歓迎しています。

ビットコインと市場の見通し

BinanceおよびCoinbaseに対するアメリカSECの法的責任を受けて、取引所に保管されているビットコインの量は、2018年以来の最低レベルに低下しました。市場情報プラットフォームのSantimentが提供するオンチェーンデータによると、およそ6.4%のビットコイン供給量が取引所に保管されており、2020年のブラックサーズデー時の16%に比べて低下しています。

📉 #Bitcoin ’s exchange supply has now fallen to its lowest level since February, 2018. Traders continue moving $BTC to self custody during the uncertainty surrounding #Binance & #Coinbase . As long as these #SEC lawsuits loom, this trend should continue. https://t.co/CBOxJ8oA07 pic.twitter.com/c7MQyMswgp

— Santiment (@santimentfeed) June 14, 2023

SECが引き続き暗号企業に対して法的責任を負わせる限り、この傾向は続くと予想されます。暗号投資家は、非管理型ウォレットをより活用することが期待されています。

一方、ビットコイン市場は、過去数日間に$26,000をサポートレベルとして取り戻すことができず、強まるベアリッシュセンチメントに直面しています。トップデジタルアセットは、過去最初のデスクロスを記録した後、50および200週移動平均線によると、売り圧力下にあり、現在の水準からさらに下落することが予想されています。