「MicroStrategyが新たに147.3百万ドル相当のビットコインを取得」

MicroStrategy acquires new Bitcoin worth 147.3 million dollars.

マイクロストラテジー社(NASDAQ:MSTR)は、その会長であるマイケル・セイラー氏によって率いられ、さらに5,445ビットコイン(BTC)を約1億4730万ドルで購入したことを発表し、再び話題を集めました。1トークンあたり約27,053ドルの平均価格で取引が成立しました。

この取引の詳細は、米国証券取引委員会(SEC)に提出されたForm 8-Kによって明らかにされました。マイクロストラテジーとその子会社は、この取引を2023年8月1日から9月24日までの間に完了させたとのことです。

この発表がさらに魅力的にするのは、マイクロストラテジーのビットコイン保有高に及ぼす累積効果です。2023年9月24日時点で、同社とその子会社は約158,245 BTCを保有していました。これらのBTCは、手数料や費用を含めて、おおよそ1コインあたり約29,582ドルの平均購入価格で取得されました。合計で、マイクロストラテジーのビットコインへの投資額は約46.8億ドルに達します。

ビットコインをさらに購入する決定は、マイクロストラテジーが主要な暗号通貨の長期的な持続性と価値提案に対する信念を示しています。また、これによってマイクロストラテジーは、株式、債券、不動産などの従来の投資資産よりもBTCの将来のパフォーマンスに対する自信を示しています。

マイクロストラテジーのビットコインの持続的な蓄積は、広範な暗号通貨市場への影響力でも注目されています。同社の高いプロフィールを持つビットコインの購入は、機関投資家や企業から大きな関心を集め、ビットコインを財務資産の準備金として利用することへの関心を引き起こしました。

マイクロストラテジー社のビットコイン賭けと市場の変動率

マイクロストラテジー社の最近のビットコイン購入は、暗号通貨市場がいくつかの注目すべき価格変動を経験している時期に行われました。

過去数週間、ビットコインの価格変動は比較的控えめでした。8月29日に一時的に28000ドルに達した後、仮想通貨は下落し、9月11日には25000ドルまで低下しました。執筆時点では、CoinMarketCapのデータによると、BTCは26281ドルで取引され、過去24時間で0.5%の減少を示しています。

この価格変動を考慮すると、マイクロストラテジー社が1BTCあたり平均27053ドルの価格でビットコインをさらに購入する決定は際立っています。この動きは、短期的な変動が見られる状況でもデジタル資産を蓄積する意欲を持つ、同社の長期的な視点を示しています。

なお、マイクロストラテジー社がビットコインへの取り組みを示したのはこれが初めてではありません。同社は6月に、3億5000万ドル相当のビットコインを12,000 BTC以上購入することで話題を集めました。この取得は、2020年8月から続く一貫した購入パターンを裏付けています。今日、マイクロストラテジー社はビットコイン戦略に関して他の機関投資家のモデルとなっています。

ビットコインの取得に加えて、マイクロストラテジー社は最近の四半期報告書でも財務的な持続力を示しています。2023年第1四半期には、一度限りの所得税恩恵を受けて、同社は2020年以来初めての利益を報告しました。この収益性は次の四半期にも続き、マイクロストラテジー社は8月初旬に2220万ドルの純利益を報告しました。