マイクロソフトは、AI技術の利用可能性を加速するために、数十億ドルをCoreWeaveに投資すると報じられています

Microsoft Corporation (NASDAQ: MSFT)は、AI領域に深く進出することを報じられ、専門のクラウドプロバイダーCoreWeaveと数十億ドル規模の取引で提携することになったと言われています。このテック企業は、人工知能によって動力を与えられたサービスに対する需要と関心の増加において、自らを中心に据えています。

関係者によると、CNBCは、今後数年間でMicrosoftが数十億ドルを投じ、CoreWeaveの技術が市場で十分なコンピューティングパワーとともに利用可能になるようにすると報じています。

報道によると、MicrosoftとCoreWeaveは今年早々にOpenAIを支援することで合意したとされています。OpenAIは、ChatGPTを運営する会社です。どちらの企業もこの取引を確認しておらず、いかなる協力関係についても示唆していません。CNBCによると、両社ともコメントを拒否しました。

CoreWeaveはMicrosoftの取引以外でもAIブームを楽しんでおり、2億ドルの資金調達を確保

CoreWeaveは昨日、代替資産マネージャーMagnetar Capitalが主導するシリーズBエクステンション資金調達ラウンドで2億ドルを調達したことを発表しました。CoreWeaveは、生成的AI技術の採用が増えるにつれて、専門的なクラウドインフラストラクチャーが高い需要を呼んでいると述べています。また、同社は、AIモデルのトレーニングや調整を支援し、ユーザーからの強い需要やワークロードに耐えることができると主張しています。CoreWeaveは、これらのサービスを競合他社よりも安価に提供しているとしています。同社のウェブサイトによると、同社のサービスは競合他社のものよりも80%安いとされています。

プレスリリースによると:

「CoreWeaveのサーバーレスオーケストレーションレイヤーは、製品を市場に投入するAIスタートアップにとって魅力的な選択肢となっています。チームは、5秒でワークロードをスピンアップでき、ポータビリティが高く、オーバーヘッドや管理の複雑さが少なくなります。」

CoreWeaveは、Magnetar Capitalが主導する2億2100万ドルのシリーズB資金調達を明らかにしたわずか1か月後に、シリーズBエクステンションの発表をしました。これにより、シリーズB資金調達の総額は4億2100万ドルになります。

CoreWeaveは、Nvidia(NASDAQ: NVDA)のグラフィックス処理ユニット(GPU)に簡単にアクセスできるようにするほか、さまざまなサービスを提供しています。このアクセスは、NvidiaのGPUを強化し、大規模な言語モデル(LLM)やAI全般に必要不可欠です。

Microsoftと人工知能

MicrosoftとOpenAIは、昨年のChatGPTのローンチよりも前からビジネスを展開していました。当時、Microsoftは少なくとも10億ドルを投資することを約束し、OpenAIをAIラッシュの最前線に押し上げました。1月には、Microsoftが両社のパートナーシップを拡大することを発表しました。この拡大を「数年にわたる数十億ドルの投資の第3フェーズ」と説明し、Microsoftはいくつかのハイライトを提供しました。

この発表では、大規模なスーパーコンピューターに言及しており、MicrosoftはAI研究を支援するために専門のスーパーコンピューティングシステムの作成と展開に投資すると述べています。また、MicrosoftのAzureインフラストラクチャーは、お客様がグローバルな観客にAIアプリケーションを提供するのを支援するとしています。さらに、Microsoftは、OpenAIのモデルが同社のコンシューマーおよびエンタープライズ製品で利用可能になると述べています。CoreWeaveへの投資により、Microsoftはコスト効率の良いAIの採用を支援しています。