「マイクロソフト、Windows 11向けのAI搭載のコパイロットを発表」

Microsoft announces AI-powered Copilot for Windows 11

マイクロソフトは、人工知能(AI)技術を自社製品に統合するためのさらなる一歩を踏み出しました。同社は9月21日、Windowsのインターフェースと言語モデルを統合するMicrosoft Copilotを発表しました。

マイクロソフトの発表によれば、このソリューションはアプリとして機能し、ユーザーが右クリックすることで表示されます。Paint、Photos、Clipchampなどの人気アプリに拡張機能として提供されます。他の製品では、検索エンジンBingはOpenAIの新しいDALL-E 3モデルによってサポートされ、Microsoft 365 Copilotは企業向けソリューションにチャットアシスタントを統合します。

「私たちはAIの新たな時代に入っており、これによって私たちが技術と関わり、恩恵を受ける方法が根本的に変わっています」とマイクロソフトは発表しています。Copilotの初期バージョンは、9月26日から無料のWindows 11アップデートとして利用可能になり、Bing、Edge、Microsoft 365でも今年後半に利用できるようになると同社は述べています。

テックジャイアントの一つであるマイクロソフトの賭けの一つは、Microsoft 365 Copilotです。このソリューションは、文書の作成、要約、プレゼンテーションなどの繰り返しのタスクをユーザーや企業がサポートするために設計されています。このソリューションは、Word、Excel、PowerPointなどのマイクロソフトの従来のアプリケーションを通じて機能し、Microsoft 365アプリへのアクセス料金に加えて、ユーザー1人あたり月額30ドルの料金がかかります。

フォーチュン誌の金融企業マッコーリーの予測によれば、マイクロソフトのOffice 365製品には約3億8200万人の商用ユーザーがいると推定されています。このレポートの推定によれば、これらのユーザーのうちわずか2.5%が30ドルのCopilot 365アップグレードを選択した場合、マイクロソフトは年間34億ドルの追加収益を生み出すことができるとされています。

マイクロソフトはまた、Bingの機能を進化させ、個別の回答を提供しています。同社によれば、AIモデルはチャットの履歴を横断して新しい結果を提供することができるようになります。たとえば、お気に入りのサッカーチームが地域で試合をするときや、参加可能な時間などを知らせることができます。Bingはオンラインショッピング時にユーザーにより多くの質問をするようになり、その情報を利用してより適した結果を提供します。

雑誌:『AIは業界を殺した』─ EasyTranslateの社長が変化に適応することについて語る