「オープンAIのCEOの人事異動があった中で、MicrosoftとNvidiaの株価が過去最高に達する」

『オープンAIのCEO人事異動の影響で、MicrosoftとNvidiaの株価が過去最高に達する』

マイクロソフト(MSFT)の株価は、11月20日に378.81ドルという史上最高値を記録しました。この株価の上昇は、AIセクターにおける波瀾万丈の週末に関連しています。OpenAIのCEO兼共同創設者であるサム・アルトマンが解任されたことがその一因です。取り残されることなく、Nvidia(NVDA)の株価も499.60ドルという史上最高値に達しました。これは、株価が1年前の最低値138.84ドルから上昇しているトレンドを継続しています。

これらの株は過去数年間で急騰しており、ディープラーニングやOpenAIのChatGPTのような生成モデルの普及によって引き起こされたAI分野の急激な成長によってもたらされています。

マイクロソフトの場合、多くの専門家や評論家は、この11月の後半における株価上昇を、レッドモンドの企業が新たに雇ったAI担当最高責任者である元OpenAI CEOのサム・アルトマンに帰すると考えています。

Cointelegraphの報道によれば、アルトマンは11月17日にOpenAIの取締役会から突然解任されました。初めに、その役職は同社のCTOであるミラ・ムラティが暫定CEOとして引き継ぎましたが、程なくして元TwitchのCEOで共同創設者のエメット・シアがムラティの後任となりました。

一方、アルトマンとOpenAIのもう一人の共同創設者であるグレッグ・ブロックマンは、マイクロソフトの新たなAI部門の責任者となることに同意したと報じられています。なお、この報道時点では、Satya Nadella率いるマイクロソフトはOpenAIに130億ドルを投資していることになります。

このニュースを受けてマイクロソフトの株価が急騰しましたが、2023年の大部分にわたってこのセクター全体で堅調に上昇しており、他の多くの注目すべきAI株(IBMやテンセントなど)もその傾向に追随しています。なお、この記事が執筆された時点で、IBMおよびテンセントの株価はそれぞれ5年と1ヶ月ぶりの高値を記録しています。

NVIDIAの歴史的な株価上昇は、同社が人工知能トレーニング用ハードウェアの首位供給元として地位を確固たるものにしていることによるものです。同社はグラフィック処理ユニット(GPU)の市場で圧倒的なシェアを持っており、その需要によってフラッグシップモデルの価格が過去10年間で着実に上昇してきました。

11月20日の最高値が最終的に上昇するかどうか、保持されるかどうか、あるいは取引所の取引終了時に失速するかどうかはまだわかりません。

また、アルトマンのマイクロソフトでの地位も未定です。OpenAIの従業員の大多数からなるグループは、かつてのCEOを取締役会に復職させるよう要求する「公開書簡」を発表し、さもなければ退職すると警告しています。

関連ニュース:OpenAIの投資家がSam AltmanのCEO復帰を要求