メトロポリタン美術館、FTXからの寄付金$550,000を返還する

ニューヨークに拠点を置くメトロポリタン美術館(Met)は、11月に崩壊した仮想通貨取引所FTXから受け取った$550,000の寄付金を返還することを決定しました。

同美術館は、6月2日にデラウェアの米国破産裁判所に提出した書類で、FTXが破産手続きを開始した同じ裁判所で、FTXの債権者に対して資金を返済する意向を確認しました。

メトロポリタン美術館は、FTXの債権者と「善意に基づく、公正な交渉」の結果、この合意に達したと述べています。

「メトロポリタン美術館は、寄付金をFTXの債権者に返還することを希望しており、FTXの債権者とメトロポリタン美術館は、寄付金の返還に関する善意に基づく、公正な交渉を行っています。」

$550,000は、2回の分割払いでメトロポリタン美術館に支払われました。最初の$300,000は2022年3月に支払われ、追加の$250,000は2か月後の5月に支払われました。

寄付は、FTX.USを運営する企業であるWest Realm Shires Servicesによって容易にされました。

FTXの経営陣は、デラウェアで破産を申請した約1か月後の12月から、政治家や他の組織からの寄付を取り戻すことを求めていました。

裁判所の文書によると、FTXは2020年3月から2022年11月までに9300万ドルの寄付を行いました。

関連記事: FTXの慈善寄付は受取人に複雑なジレンマを生み出している

FTXから資金を受領した米国の約180人の政治家のうち、19人しか資金を返還したり、返還する意向を示したりしていません。これはUnusual Whalesのデータによるものです。

緊急ニュース: FTXの創設者であるSam Bankman-Fried氏は、300件以上の不法な政治献金で起訴されました。彼は民主党に4200万ドル、共和党に「闇のお金」を提供しています。しかし、政治家の完全なリストは公表されていません。ここをクリックして確認してください: https://t.co/araVgIsCG3 pic.twitter.com/CezXTKq7cQ

— unusual_whales (@unusual_whales) February 23, 2023

「Protect our Future PAC」は、FTXから約$27,000,000を受け取った最大の受領者でした。これはMarket Watchのデータから明らかになっています。

マガジン: 非安定コイン: デペッギング、銀行ランやその他のリスクが迫っている