メトロポリタン美術館がFTXからの寄付金$550Kを返金する

ニューヨークに拠点を置くメトロポリタン美術館は、現在は閉鎖された仮想通貨取引所FTXから受け取った寄付金のうち、50万ドル以上を返金することになりました。

アメリカの有名な美術館であるメトは、デラウェア州のアメリカ連邦倒産裁判所への提出書類によると、FTXの債務者に550,000ドルを返金する予定です。

提出書類には次のように記載されています。

「メトは、寄付金をFTX債務者に返還することを望んでおり、FTX債務者とメトは、寄付金の返還に関する善意の交渉を行っています。」

これらの寄付は、FTXが11月に崩壊する前の2022年に行われました。メトは3月に30万ドル、5月に25万ドルを受け取りました。

両方の分割払いは、FTX.USオペレーターであるウェストレルム・シャイアーズ・サービシズ社によって手配されました。

債務者は、提案された規定の条件が「合理的な範囲内に収まっている」と主張し、裁判所によって承認されるべきであると述べています。

彼らは次のように述べています。

「規定により、債務者の財産と関係者は、訴訟やそれに伴う重要な費用なしに、寄付金の100%を回収することができます。」

その代わりに、提出書類には、両者が寄付に関連するあらゆるクレームを相互解放することが記載されています。

最後に、債務者は、これが彼らとメトにとって最善の方法であると主張し、次のように書いています。

「メトが寄付金の全額を訴訟やそれに伴う費用をかけずに債務者に返還することを規定した合意を考慮すると、債務者は、規定に参加することが債務者の財産の最善の利益にかなうと判断しました。」

数百万ドルが寄付されました

FTXの破産手続きの一環として、FTXの新しいリーダーシップは、昨年12月以降、取り戻すことのできる寄付金のできる限り多くを回収しようとしてきました。

しかし、これは容易なタスクではありません。FTXとその前CEOのサム・バンクマン・フリードは、政治家、セレブリティ、そしてさまざまな慈善団体に寄付を行ったと言われています。

2022年10月、バンクマン・フリードによって設立されたFTX財団は、1億4000万ドルを寄付したことを報告しました。

FTXが崩壊した後、アメリカ司法省は、寄付金が犯罪的なマネーロンダリングの結果であり、支払いが選挙資金規制違反であると主張しました。

バンクマン・フリードの指示による政治的な寄付は、数億ドルに達したと報じられています。

また、前FTX社長が2020年の大統領選挙でジョー・バイデン氏のキャンペーンに520万ドル以上、2022年の中間選挙前に他の民主党候補に4000万ドル以上寄付したとされています。

2023年3月時点で、破産した取引所に返還された資金は、民主党の政治候補に寄付した金額の2.2%、つまり100万ドルに過ぎませんでした。

この100万ドルのうち、民主党全国委員会(DNC)は、FTXに85万ドルを返還すると発表しました。

以下でこの事件についてもっと読むことができます。

____

もっと詳しく知る:

– FTXエクスチェンジ、破産したジェネシスとの長期的な調停交渉に反対-最新情報はこちら – アメリカ政府のFTX調査の推進は控訴裁判所に到達-最新情報はこちら – サム・バンクマン・フリード、FTX詐欺の弁護のために法律事務所のアドバイスを活用する – アメリカ司法省、新たなサム・バンクマン・フリードへの告発に対するバハマの反応を待つ – 仮想通貨取引所を選ぶ方法-取引所に仮想通貨を残すのはリスクがあるため注意してください