「メタバースは現実です:ザックの「信じられないほどの」写真のような技術が仮想通貨のTwitterを魅了する」

Metaverse is real Zach's incredibly realistic photos captivate the virtual currency Twitter.

メタのメタバースの夢について批評家たちが数年間の間に葬式の弔辞を書いている一方で、マーク・ザッカーバーグの最新のフォトリアルなアバターのデモンストレーションは、実際にはかなり死んでいないことを示しています。

9月28日のLex Fridmanポッドキャストのエピソードに出演したザッカーバーグとこの人気のあるコンピュータサイエンティストは、1時間にわたる対面の会話を行いました。ただし、それ自体は実際には全く対面ではありませんでした。

代わりに、FridmanとZuckerbergの会話のすべては、MetaのQuest 3ヘッドセットとノイズキャンセリングヘッドフォンを介して提供されるフォトリアルなアバターを使用してメタバースで行われました。

こちらがマーク・ザッカーバーグとの会話です。彼はポッドキャストに3回目の出演ですが、今回はフォトリアルなアバターとしてメタバースで話しました。これは私の人生で最も信じられない経験の一つでした。本当に対面で話しているように感じられましたが、実際には数マイル離れていました。… pic.twitter.com/Nu8a3iYWm0

— Lex Fridman (@lexfridman) September 28, 2023

批評家たちは、メタが数十億ドルをメタバースの研究に投入するだけで、カートゥーン風のアバターや変な足を生み出すように見えることをよくからかっています。

しかし、今回の場合、ソーシャルメディア上のユーザー、特にCrypto Twitterからのユーザーは、その技術の洗練度に本当に感動しているようです。

メタバースがアップグレードされました pic.twitter.com/QT1LAkjQGB

— Dexerto (@Dexerto) September 28, 2023

匿名のアカウントであるGautは、「メタバースは公式に現実です」と書きました。彼は通常風刺的で皮肉な視点で知られているユーザーからの珍しい賞賛の瞬間です。

コーダーのJelle Prinsは「Lex/Markメタバースポッドキャストで9分経った時点で、アバターを見ていることを忘れました」と書きました。

Fridman and Zuckerberg speaking as virtual avatars in the metaverse. Source: Lex Fridman Podcast.

Fridmanは体験の感想をリアルタイムで共有し、インタビュー中にZuckerbergが彼にどれだけ「近く」感じたかについて言及しました。数分後、彼はZuckerbergのアバターが彼の実体ではないことに気づくのがどれほど困難だったかを説明しました。

「あなたが本物ではないことをすでに忘れています。」

展示されている技術は、Codec Avatarsの最新バージョンです。2019年に初めて公開されたCodec Avatarsは、Metaの最も長い研究プロジェクトの1つであり、フェイストラッキングセンサーを備えたヘッドセットを使用して動作する、完全にフォトリアルなリアルタイムアバターを作成することを目指しています。

関連記事: MetaはAIトレーニングの著作権侵害の主張を否定

ただし、Zuckerbergは、ユーザーが自分自身のリアルなアバターを手に入れるまでには数年待つ必要があるかもしれないと述べ、使用されている技術には高価な機械学習ソフトウェアと100以上の異なるカメラを備えた特殊な装置によるフルヘッドスキャンが必要であることを説明しました。

彼によれば、これが一般消費者に利用可能になるのは少なくとも3年後だと言います。

それでも、Zuckerbergは、会社ができるだけ障壁を減らしたいと述べ、将来的にはこれらのスキャンが通常のスマートフォンで実現できるかもしれないと説明しました。

最新のデモンストレーションは、MetaがChatGPTに対抗するために発表したMeta AIという最新のAIアシスタントを公開したのち、たった1日後に行われました。Meta AIは一連のユニークなチャットボット、アプリ、さらにはスマートグラスに統合されています。

AI Eye: 暗号通貨におけるAIの実際の利用、GoogleのGPT-4のライバル、悪い従業員のためのAIエッジ