メタQ2の収益:Reality Labsの損失が年初から7.7億ドルを超える

Meta Q2 revenue Reality Labs surpasses $770 million in losses since the beginning of the year.

メタは、2023年における仮想現実事業への支出額が累計で77億ドルに達し、第2四半期におけるメタバース関連の損失は37.4億ドルに上りました。

7月26日に発表された第2四半期の業績では、前年比で売上高が11%増加し、総額319億ドルとなりました。メタバースに焦点を当てたリアリティラボの売上高は2億7600万ドルを超えました。

メタは、リアリティラボの運営損失が2023年を通じて増加すると述べています。その理由として、仮想現実の製品開発への取り組みやメタバースへのさらなる投資を挙げています。

2023年第1四半期には、メタはリアリティラボの損失を39億ドル、売上高を3億3900万ドルと報告しました。

関連記事:メタとマイクロソフトがオープンソースのAIモデル「Llama 2」を開発

メタの株価は業績発表を受けて急騰し、Google Financeのデータによるとアフターマーケット取引で7%以上上昇し、約320ドルになりました。メタの株価は今年の累計でほぼ140%上昇していますが、2021年9月の最高値である378ドルを下回っています。

Metaの株価が320ドルを超えて急騰

Web3 Gamer:Appleがゲーム産業を修正?SECがメタバースを非難、Steamでローガン・ポールがいじられる