「Meta、Connect ConferenceでAR/VRとメタバース技術への投資について詳述」

Meta provides detailed information on investment in AR/VR and metaverse technology at the Connect Conference.

Meta Platforms Inc(NASDAQ: META)のCEOは、Meta Connectカンファレンスで、長らく待ち望まれていたMetaメタバースの開発への投資に関する情報を提供する予定です。会議参加者は、Metaが人工知能を活用した仮想現実(VR)と拡張現実(AR)技術への投資を引きつける計画の詳細を聞くことを期待しています。多くの参加者や観察者は、特にMetaが最初の発表以来、メタバースの取り組みに多額の資金を投入してきたことから、ザッカーバーグが発表する詳細を待っています。Creative Strategiesの社長であるCarolina Milanesiは、今回のカンファレンスについて以下のように述べています。

「私はAIが大きな役割を果たすことを期待していますが、どのように消費者にとって魅力的なものにするかは不明です。ビジネスにとっては、ターゲット広告とデータがすべてになるでしょう。」

5月、Metaは6,000人の従業員を対象とした一連のレイオフを開始しました。当時、Metaはメタバースへの投資を続けるために資金を確保しているのではないかという声もありました。11月から5月にかけて、このSNS巨大企業は既に20,000人以上の雇用を削減していました。

QuestへのMetaの投資

Meta Connectの発表の一環として、今年リリース予定の新しい仮想現実ヘッドセット「Quest」を含む同社のハードウェアデバイス向けのアプリに関する情報が期待されています。また、人工知能による仮想アシスタントについても期待があります。関係者によれば、同社はこれらのアシスタントをアプリと統合する計画だとのことです。

Meta ConnectではQuestに関する詳細な発表が期待されています。VR/ARデバイスはすでに2021年6月に発表されたAppleのVision Proヘッドセットと競合しており、Metaの発表によって市場が分かれる可能性があります。SmartTech Researchの主任アナリスト兼CEOであるMark Venaは以下のように述べています。

「MetaはAppleのVision Proとどのように競合するのか? Metaは革新を優先し、仮想現実および拡張現実のソリューションであるOculusとQuestのためにハードウェアおよびソフトウェアの開発に積極的に投資しているかどうかを知りたいです。」

両社のリアリティヘッドセット市場での競争は、実行に大いに依存するでしょう。Metaは6月に、Quest 3がARおよびVR技術をサポートすることを明らかにしました。価格は499ドルからであり、新しいデバイスはMetaの完全なミックスリアリティ機能を備えた初の試みです。興味深いことに、Quest 3はQuest 2よりも小型になる予定です。

最近、MetaはHorizon Worlds 3DソーシャルプラットフォームへのアクセスをWebおよびモバイルプラットフォームに拡大しました。2021年のローンチ以来、ゲームは初めてメタバース外のユーザーにも利用可能となります。Metaの公式発表によれば、Metaはすべての人がデバイスに関係なくメタバースにアクセスできるべきだと考えています。同社は、Questヘッドセットが最適なアクセスポイントであると信じている一方で、他にもアクセス手段があるべきだと考えています。

Metaは初期アクセスを一部のAndroidユーザーに制限しており、iOS版は少し後に予定されています。公式発表では、Webブラウザでも早期アクセスを楽しむことができると述べています。