レポート:MetaがGoogle、OpenAIに対抗するための商業用AIツールをリリースする予定

Metaは、GoogleやOpenAIに対抗するための商業用AIツールをリリースする予定です

メタは、より広範な使用を目指して、人工知能(AI)モデルの商用版をリリースする予定です。これは、フィナンシャル・タイムズの報道によるものです。

この報道には、メタに近い情報源からの詳細が含まれており、今年早くも研究者や学者向けに自社の大規模言語モデル(LLM)であるLLaMaをリリースしたが、新しいバージョンはより広く利用可能で、企業によってカスタマイズできると述べています。

これは、メタがMicrosoft支援のChatGPTクリエーターOpenAIや現在の市場リーダーであるGoogleと競争力を持つようにするための試みの一環です。

FTの情報源によると、メタの高位戦略に詳しい知識を持つとされる人物は次のように述べています:

「目標はOpenAIの現在の優位性を減少させることです。」

商用版のLLaMaにより、スタートアップや企業はMetaの基盤となるAI技術の上にカスタムソフトウェアやアプリケーションを構築することができます。

現時点では、Metaのモデルはすべて無料でオープンソースですが、FTの情報源の2人は、企業向けの有料版について検討していると述べています。ただし、それは今回のリリースの一部ではありません。

FTの情報源によると、商用版のリリースは「間もなく」予定されているとのことです。

関連記事:イーロン・マスク、宇宙の理解を目指す新しいAI会社を立ち上げ

さらに、MetaはLLMモデルをオープンソース化しており、システムの運用の詳細が一般に公開されています。これはOpenAIなどの競合他社とは異なり、コードは第三者に対して非公開です。

FTの情報源は次のように述べています:

「Metaは現在のAIハイプサイクルに遅れていることに気付き、これによりエコシステムを開放し、善意を示してコミュニティに還元しているように見せる方法を得たのです。」

コインテレグラフは、Metaに追加のコメントを求めました。

これらの動向は、Metaが著作権侵害を行ったとして、著者のサラ・シルバーマンと他の2人の著者が米国全土の著作権所有者のクラスを代表して提起した訴訟に直面している状況と重なります。また、OpenAIも同様の集団訴訟を受けており、同社がモデルのトレーニング中にデータ窃盗を行ったとされています。

雑誌:スマートな人々が愚かなミームコインに投資する方法:成功のための3つのポイントプラン