メメコインMOOKYは、最終プレセールステージの前に900,000ドルを調達しました

ニューヨーク、ニューヨーク、2023年6月30日、Chainwire

Memecoin Mookyは、現在までに90万ドルを調達し、最終プレセールフェーズに向けて準備を進めています。Mookyは単なるユニークな暗号トークンではなく、大規模な植樹キャンペーンを通じて環境をサポートすることを目指しています。

Mookyは、そのトークンホルダーの手によって支配されるコミュニティ主導のプラットフォームとなります。MOOKYトークンは他の成功したメメコインからヒントを得ていますが、このプロジェクトはより野心的な使命を持っています。Mookyは、グローバルな環境課題への認識を高め、現実的な解決策を提供することを目的としています。

プロジェクトは、世界各地の重要な場所で広範な森林再生イニシアチブを維持するために十分な資金を集めることを目指しています。自然へのコミットメントの一環として、Mookyは持続可能な環境活動に取り組む慈善団体への寄付を予定しています。

暗号経済の観点からは、MOOKYトークンはゼロ税および低滑りを特徴としており、トレーダーに参加するための十分なインセンティブを提供します。このプロジェクトの基盤となっているのは、Mookyの中核目標と一致する深いロアです。

Mookyは、架空の土地であるピグミーという概念に基づいています。この幻想的な領域には美しい景色、豊かな植生、野生生物が存在します。入植者が島にやってくると、彼らは植生を破壊し、空気を汚染しました。ピグミーのサルたちは平和的に反撃し、入植者に自然を尊重し調和して生活する方法を教えます。Mookyの指導のもと、彼らは団結し自然を取り戻します。

プロジェクトの開発を支援しながら、コミュニティ参加の機会をさらに拡大するために、Mookyは1,000個のNFTのコレクションを作成しました。各NFTは現実の世界で植樹された木にリンクされています。保有者はVentures Clubにアクセスでき、独占的なリワードとイベントに参加することができます。

$MOOKYトークンのプレセールは残り5日で、仮想通貨保有者にとってはまだ十分な機会があります。このプロジェクトはミームと自然をうまく組み合わせたプロジェクトの成果を享受するために参加することができます。

MOOKYについて

MOOKYは、2023年に開始されたコミュニティ主導のイニシアチブであり、デジタルイノベーションの精神を採用し、環境にポジティブな影響を与えることを目指しています。ミームトークンにとどまらず、MOOKYはグローバルなコミュニティを象徴し、共通の目標に結束することで変革を促し、世界的な植樹活動に貢献します。

MOOKYはまた、デジタル空間での創造性の象徴でもあり、各々が現実の植樹イニシアチブにリンクされたユニークな3D NFTを提供しています。これらのNFTは、デジタルコレクタブルだけでなく、環境意識の高い愛好家の熱狂的なコミュニティであるMooky Ventures Clubへの入場券としても機能します。

MOOKYは単なるデジタルトークン以上のものであり、環境をより良くすると同時にユニークで魅力的なデジタルエコシステムを育むための運動です。MOOKYと共に違いを生み出す旅に参加し、さまざまなソーシャルチャンネルでコミュニティの最新情報をチェックしてください。

ユーザーはこちらでMOOKYを購入できます。

ウェブサイト | プレセール | テレグラム | インスタグラム | ツイッター | ディスコード

お問い合わせ

Mookashi N、[email protected]