メディア心理学とビットコインTwitterの感情的なローラーコースターライド

この記事は、チューリッヒ応用科学大学ビジネス管理学部の卒業生であるティエリー・ベルジェ氏による、彼の論文「ビットコイン:ソーシャルメディアがプライベート投資家の行動に与える影響」に基づくオピニオン記事です。

数年前、友人がビットコインの基礎を教えてくれました。私たちの会話の後、過去数年間の価格上昇を見たとき、私は目を疑い、「この代替通貨は価値を維持し続けるのか、それともすぐに崩壊する巨大なポンジスキームなのか?」と思いました。

私はこの主題について調べ始め、Twitter上のインフルエンサーがしばしば彼らの観客の感情(恐怖と欲望を挙げる)で遊んでいることに気付きました。私は誇張された投稿の中にいくつか信じられなかったものがあり、それでも私は引き込まれました。

ビットコインに関して、ソーシャルメディアがプライベート投資家の行動に影響を与えることは明らかでした。私の研究では、メディア心理学の多くの理論やモデルを学び、ビットコイン市場に適用できるものがあり、他の人々にも役立つかもしれないと思いました。

メディア心理学の概念とビットコインTwitter

使用と満足理論は、受信者が自分のニーズを最も満たす媒体を選択すると仮定しています。媒体によって、人は情報、娯楽、個人のアイデンティティ(自己の価値を強化する)または統合と社会的相互作用(同じ考えを持つ人々の間の交換)を求めます。私は最初から4つの動機を混ぜます。

関与概念は、受信者が直接的に開発や代表する見解に影響を受ける場合、記事の内容に数日後でも関与できると示唆しています。ただし、これは態度が永久的に変化することを意味するわけではありません。判断する個人がトピックに関与するほど、他の意見からの説得に影響を受けにくくなります。欲望と恐怖の感情とその結果となる経験した緊張の相互作用は、時間と経験とともに減少します。

私の周りの人々は、誰もがこの現象を確認しました。例えば、最初のビットコインの購入後、簡単に操作される可能性があります。この問題に取り組む時間が増えるにつれ、あなたの意見はより強くなります。あなたは価格の歪みをますます簡単に受け入れ、その間に低い価格でsatsを購入する動機を見るかもしれません。

最初にビットコインTwitterにいる理由と、そこでのコンテンツがどのようにあなたに影響を与えているかを念頭に置くことが重要です。

ビットコインTwitterの扱い方

私の意見では、巨額の価格上昇が小売投資家をビットコイン市場に引き付ける最も強力なナラティブです。Bitcoin Twitterで最も一般的な投稿のタイプは、価格のポジティブな予測です。これらはクリックを生成し、恐れを引き起こし、プライベート投資家を無謀な購入に誘います。

個人がポジティブなニュアンスの情報にどの程度強く反応するか、または価格が急落する段階でネガティブなニュアンスの情報にどの程度強く反応するか、そして行動がこれに結果づけられるかどうかは、受信者の動機と経験した感情、そして消費されるインフルエンサーの行動によって最終的に決まります。しかし、感情によって導かれる自然な人間の特性は、新しい投資家が最高値で最高の価格を支払い、価格が修正されると損失を出して、全体的な崩壊を恐れてこれらのポジションを売却する可能性があることを意味します。これが、この方法でビットコインスペースに入る人が、プレーされている心理的要因を念頭に置く必要がある理由です。

私が持っている提案の1つは、強気でいることです。誰かの投資が赤字になると、彼らの気分は通常低下します。しかし、損失と利益は、現金化しない限り実現しません。しかし、私は、5人中4人が感情的になると信じています。そこで、あなたはタフである必要があります。私たちに古くから伝わる叡智があります。プライベート投資家に徹底的に教え込まれるべきです。「トップとボトムを捕まえることはできない」。中期から長期的に上昇傾向にある市場では、「何もしない」ことが歴史的に最良の方法です。

私が学んだもう1つの貴重な教訓は、今日のグローバルにつながった世界では、価値のあるコンテンツと強力なコミュニティを持つものと、クリックベーターや詐欺師を分離することがますます困難になっているということです。これは、Twitterを介してビットコインについて学びたい人が、最初に自分自身の調査で「ゴミと良いソースを分離する」作業を行う必要があることを意味します。1つの意見や情報だけで投資を行うべきではありません。

メディアによる操作

メディアによる操作は決して新しい現象ではなく、メディアの歴史はそれを規制できないことを示しています。

しかし、ソーシャルメディアは貢献の影響を加速し、影響範囲を拡大させ、問題を強調しています。私の目標は、メディアとの批判的な関与を促進することであり、グローバルに見て、これは困難な取り組みです。結局のところ、メディアと自分自身の感情反応を批判的に検討する能力は、人生のすべての分野で相当な利益になるでしょう。

これはThierry Berger氏によるゲスト投稿です。表明された意見は完全に彼ら自身のものであり、BTC IncまたはKocooのものとは必ずしも一致しません。