政府の閉鎖懸念にもかかわらず、マクヘンリー氏によって推進されるステーブルコインの法律化

McHenry promotes the legalization of stablecoins despite government shutdown concerns.

Source: Adobe / terra.incognita

アメリカ合衆国下院金融サービス委員会の議長であるパトリック・マクヘンリーは、政府のシャットダウンの可能性が迫っている中でも、ステーブルコインの規制に対する取り組みを再確認しました。

ニューヨークでステーブルコイン発行者のサークルによって開催されたフォーラムで話す中で、マクヘンリー氏は、ステーブルコインの規制を進める決意を示し、それをバイデン大統領の署名を受けるために進める意向を表明しました。

「現在は事情が複雑ですが、私は最善を尽くして大統領の机の前にこれを持っていくつもりです」と、マクヘンリー氏はUSDC発行者であるサークルが主催するオンラインフォーラムで述べました(Decryptによるレポート)。

ステーブルコインの規制への取り組みは、議会が政府のシャットダウンを回避するための妥協に達する前に伝えられました。

2つのデジタル資産法案

マクヘンリー氏の下院金融サービス委員会は、今年2つのデジタル資産に関連する法案を作成しており、1つはステーブルコインに焦点を当てたもので、もう1つは商品先物取引委員会(CFTC)と証券取引委員会(SEC)の間のデジタル資産の監督を明確にするものです。

もし下院がステーブルコインの法案を可決した場合、上院とバイデン大統領の承認が必要です。

両党の支持

マクヘンリー氏は演説で、両党の上院議員との対話を挙げ、彼らが法案を支持する可能性について楽観的な見方を示しました。

議会の意思決定は遅いことを認識しながらも、マクヘンリー氏はデジタル資産の規制を今年末までにまとめることを目指しており、数人の民主党議員の支持を受けることが予想されます。

米ドルの役割

マクヘンリー氏は、ドル建てのステーブルコインが米ドルの影響力を世界に広める上での重要性を強調しました。

また、キャッシュ準備によって1対1で裏付けられたステーブルコインは、比較的簡単な金融商品であると強調しました。

ステーブルコインの規制に関して、州と連邦政府の間での対応について、マクヘンリー氏はこれが仮想通貨を超えたより広範な規制上の問題の一部であると示唆しました。

「それはデジタル資産だけでなく、より広範な規制の問題です。アメリカ内部の力もあります。住んでいる州が気に入らなければ、移動することもできます」とマクヘンリー氏は述べました。