MATICが10%急騰、Polygonの2.0アップグレードが近づく

MATIC surges by 10% as Polygon's 2.0 upgrade approaches.

MATICは、EthereumスケーリングソリューションであるPolygonのネイティブトークンであり、トレーダーたちはPolygon 2.0のアップグレードを予期しているため、月曜日の$0.67から10%上昇しました。

仮想通貨は現在、$0.73で取引されており、CoinMarketCapによると、火曜日にはデイリーボリュームが62%増加し、過去24時間で5億ドルが取引されました。

Polygonは先月、2.0バージョンの計画を発表し、「インターネットの価値層」を創造することを目指していると述べました。また、同社はブログ記事で、プロトコルと財務のコミュニティガバナンスへの移行も発表しました。

Coinalyzeによると、MATICの集計オープンインタレスト(オープンデリバティブポジションの名目価値を評価するための指標)も過去24時間でさらに大きく上昇し、1億9,000万ドルから1億6,000万ドル、つまり47%増加しました。この大幅な上昇は、レバレッジを伴ってラリーが支えられていることを示唆しています。

アップグレードのような注目のニュースイベントは、レバレッジポジションの不均衡がイベント後に圧迫される可能性があるため、価格の大幅な変動を引き起こすことに注意が必要です。洞察力のあるトレーダーは、持続不可能な楽観的な水準を利用しようとします。Ethereumの上海アップグレードはその例であり、イベント前に価格が16%上昇した後、1週間も経たないうちに元に戻りました。

Stephen Alpherによる編集。