マスターカードのAI搭載ツール、銀行が詐欺と戦うのを助ける

マスターカードは、銀行が実際の金銭的な損害が発生する前に、支払い詐欺や詐欺行為と戦うのを支援するための新しい人工知能(AI)ツールを発表しました。

7月5日の金融サービスプロバイダーからの発表によると、「消費者詐欺リスク」ソリューションのAIは、イギリスの銀行とのパートナーシップで受け取った数年間の取引データを使用してトレーニングされています。

データを分析することで、システムはユーザーが「承認済みのプッシュペイメント詐欺」に関連付けられたアカウントに資金を送金しようとしているかどうかを予測することができます。

マスターカードのサイバーやインテリジェンス担当の社長であるアジャイ・バラ氏は、過去にはこの種の詐欺は銀行にとって「非常に困難」だったと発表の中で述べています。

「顧客は必要なすべてのチェックをパスし、自分自身でお金を送金します。犯罪者はセキュリティ対策を破る必要はありませんでした。」

彼は、目標はAIを使用して銀行がリアルタイムでこのようなシナリオを検出することを可能にすることです。公式の発表によると、マスターカードは「過去10年間の大部分」にわたってAIを使用していると述べ、これを「基盤技術」と位置付けています。

マスターカードによると、これまでにロイズ銀行、ハリファックス、スコットランド銀行、ナットウェスト、モンゾ、TSBを含むイギリスの最大の9つの銀行がこのソリューションにサインアップしたと報告しています。

Kocooは、マスターカードに対してConsumer Fraud Riskソリューションおよび全体的なAIの使用に関してさらなるコメントを求めました。

関連記事: 欧州委員会、デジタルユーロ提案で普遍的な受け入れを目指す

これまでのところ、このプログラムはイギリスの銀行に適用されていますが、マスターカードは、アメリカ、インド、オーストラリアなど世界各地のさまざまなクライアントとの拡大についての話し合いをしていると述べています。

マスターカードは、新興技術やWeb3ツールをビジネスモデルに導入するという実績があります。

4月には、同社はWeb3ユーザー認証ソリューションを発表し、デジタル資産の領域でのユーザー認証の基準を向上させ、「悪質な行為者に対する機会を減らす」ことを意図しています。

また4月には、マスターカードはミュージシャン向けのアクセラレータプログラムを開始し、参加者がノンファンジブルトークン(NFT)を取得する必要があると発表しました。

雑誌: スーパーマリオ:クリプトの盗難、セガのブロックチェーンゲーム、AIゲームの権利争い—Web3 Gamer