「マサがザヴァランチと提携し、zkデータネットワークを立ち上げる」

「マサとザヴァランチが提携し、zkデータネットワークの立ち上げを実現」

  • Masaは、月曜日にzk-Data Network&Marketplaceのローンチを発表しました。
  • AvalancheのsubneはAvaCloudによって動作します。
  • Masaは、AvalancheのBlizzard Fundから戦略的な投資を確保しています。

ゼロ知識データネットワークを構築するプラットフォームであるMasaは、zk-dataネットワークとマーケットプレイスのローンチを発表しました。

月曜日に公開されたニュースリリースによると、Masaは2024年第1四半期にガスレスのAvalancheサブネットをローンチし、パーソナルデータ用のカスタマイズ可能なブロックチェーンネットワークを一般に提供します。

このサブネットは、スケーラブルで分散型ネットワークを展開することができるマネージドブロックチェーンサービスであるAvaCloudによって動作します。

Masaは、Avalanche FoundationおよびBlizzard Fundからの戦略的な投資により、Avalancheのさらなる採用を後押しします。Blizzardは、Avalancheブロックチェーン上の成長とイノベーションに特化したベンチャーキャピタルファンドです。

Masaの共同創設者であるCalanthia Meiは、「Avalancheはカスタムブロックチェーンの理想的なローンチパッドであり、ゲーム、政府、または企業によって14のカスタムブロックチェーンがローンチされました。これは、ZK-Dataネットワークとマーケットプレイスをサポートするための完璧なアーキテクチャです。専用のAvalancheサブネット上に展開することで、主要な金融機関、AIスタートアップ、大規模な消費者向け技術アプリケーションが、ガスを支払うことなく安全かつスケーラブルなZK暗号化されたユーザーデータにアクセスできます」と述べています。

Masaプラットフォームでは、ユーザーはデータに対して報酬を受け取ります。ゼロ知識ソウルバウンドトークン(zkSBT)が個人データロッカーとして設計されています。これにより、各ユーザーのデジタルフットプリントは暗号化され、プライベートな状態になります。このインフラストラクチャへのアクセスを得るためには、それを利用するために支払いをする必要があります。

BinanceとCoinListが育成したこのプロジェクトは、2022年8月の発表以来、800,000人以上のユーザーを獲得しています。投資家からは700万ドル以上の資金を確保しました。