「マラソンの株主が会社の最高経営陣に対して訴訟を提起」

Marathon shareholders file lawsuit against company's top management.

アメリカに拠点を置く仮想通貨マイニング会社のマラソンデジタルは、株主たちがCEOのフレッド・ティールと他のトップエグゼクティブが法的責任を違反し、不当に利益を得、企業資産を無駄にしたと主張したため、裁判に向かうことになりました。

フレッド・ティールと他の9人のマラソンの幹部に対する株主の苦情は、7月8日にアメリカネバダ地区連邦裁判所に提訴されました。企業の幹部は、米国証券取引委員会(SEC)法の違反、法的責任の違反、不当に利益を得て企業資産を無駄にしたことなどを理由に訴えられています。

原告はまた、フレッド・ティール、メリック・オカモト、サイモン・サルツマン、ヒュー・ギャラガーに対して、同社に対するSECの苦情につながる不正行為への潜在的な貢献を要求しています。株主を代表する法的チームは被告から具体的な金額を要求しておらず、裁判所による補償の決定を待つことにしています。

株主はまた、企業のガバナンスを正すために、取締役会の業務監査を強化し、株主から少なくとも4人の候補者を取締役会に指名し、以前の取締役選挙の手続きを廃止することを目指しています。

関連記事:マラソンデジタル、6月のビットコインの採掘量が21%減少したことを天候条件のせいにする

法的チームによると、企業の経営陣は問題を軽視し、マラソンの評価を人工的に高め、過剰な報酬を受け取り、利益の上がる内部者売買を行い、虚偽および誤解を招く発言に基づいて過大なボーナスを受け取っています。

マラソンは5月にSECから「関連する取引などに関連する」という理由で召喚状を受け取りましたが、その間モンタナ州の施設を建設していました。それ以前に、2021年には同社に対して同じ採掘施設に関する文書と通信の提出を命じる通達が規制当局から出されました。

しかし、ティールは5月には、同社の戦略について楽観的な姿勢を示し、2022年第1四半期の1株当たり12.9ドルの純損失を2023年の1株当たり7.2ドルの純損失に減らすための取り組みを説明しました。

ビットコイン(BTC)の価格も同社の四半期の結果に影響を与えましたが、マラソンは3月に債務を減らすことに成功しました。マイニング会社はシルバーゲートバンクとの債務返済を行い、そのローンの担保として保持していた3,132 BTCを解放しました。当時、マラソンはこの動きによって5,000万ドル相当の債務がなくなり、年間の借入コストが500万ドル減少すると述べました。

関連記事:スマートな人々がダムメモコインに投資する方法:成功のための3つのポイントプラン