「マレーシアの州は、頻発する停電の原因として不法な暗号通貨マイニング業者を特定」

Malaysian state identifies illegal cryptocurrency mining operators as the cause of frequent power outages.

Source: Getty Images

マレーシアのサラワク州は、多くの非合法な運営が行われている仮想通貨マイニングリグによって影響を受けてきました。

州営電力会社であるサラワクエナジーは、州内の一部地域で繰り返し発生する停電の原因となっている2つの非合法な仮想通貨マイニングサイトを発見したと本日発表しました。

同社は、2つの居住地域に運営を開始したマイニングオペレーターの調査を行っています。警察には報告が提出され、その結果、地域での非合法な仮想通貨マイニングにより、サラワクエナジーの電力線に過負荷がかかっていたことが明らかになりました。

調査は、最近の地元住民からの停電に関する数多くの苦情を受けて迅速に行われました。報告書には、エネルギー消費量の多い活動が電力線に高い負荷をかけたと記載されています。

「詳細な調査の結果、直接配線ケーブルが2つの建物に違法に接続されており、74台の仮想通貨マイニングサーバーが設置されていたことが判明しました。」

調査の結果、サラワクエナジーは直接配線ケーブル、仮想通貨マイニングガジェット、およびサーバーをすべて押収しました。

リスクと損失

マレーシアのエネルギー会社は、非合法なマイニングオペレーターに対して法的な影響を警告しました。これらの無許可の運営は、サラワクエナジーに1か月あたり16,000マレーシアリンギット(約3,400ドル)以上の損失をもたらしています。

「これらの2つのサイトによる未計上の電力消費により、サラワクエナジーは1か月あたり16,000マレーシアリンギット以上の損失を被りました。」

同社はまた、これらの運営が電力窃盗を引き起こし、「ショートサーキット、火災、家電機器の損傷、さらには人命の喪失を含む」重大なリスクをもたらしていると述べています。

「この増加する問題に対処するため、サラワクエナジーはサラワク州の公益事業省、電気通信省、警察、マレーシア国家反汚職委員会(MACC)と緊密に連携し、新たな電力窃盗技術を検出するための手法を改善しています」と報告書には追記されています。

このような事例は州内で数多く報告されています。6月には、都市であるミリにある施設で仮想通貨マイニング活動のために電力を盗んでいた仮想通貨マイナーが逮捕されました。

サラワクエナジーは、個人や法人が電力を盗むことにより、自身や隣人の安全に危険を引き起こすことはないよう警告しています。