MakerDAOがPaxosドルステーブルコインの準備資産から5億ドルを放棄することを決定しました

分散型金融(DeFi)レンディングプロトコルMakerDAOのコミュニティは、その準備金から5億ドルのPaxos Dollar(USDP)ステーブルコインを排除することを投票し、そのトークン供給の半分に影響を与えました。

投票者は、木曜日に終了した投票により、USDPの債務上限を500万ドルからゼロに減らすことを全会一致で支持しました。

この決定は、ニューヨーク州当局が2月に同社に対してBinance USD(BUSD)の発行を停止するよう命じた後に、苦境に立たされているステーブルコイン発行者Paxosに重大な影響を与えます。CoinGeckoのデータによると、BUSDの時価総額はその後160億ドルから50億ドルに急落しました。

$50億のDAIステーブルコインの発行者であり、DeFiで最大のレンディングプロトコルの一つであるMakerDAOは、その莫大な準備金を収益を生み出す戦略への投資によって増やすことを目指しています。

GUSDステーブルコインの発行者であるGeminiは、そのステーブルコインを保持するためにMakerDAOにインセンティブを支払い、Kocoo Primeから最大5億ドルのUSDCで2.6%の収益を得る予定です。同プロトコルは、投資管理会社を通じてトークン化された短期米国財務省債券などの現実世界の資産(RWA)にもますます投資しています。

USDPを排除する提案は、ステーブルコインを保有することはMakerDAOの収益を生み出さず、DAIという自社のステーブルコインの報酬率を引き上げる準備をしているプロトコルの資本効率に損害を与えると主張しています。

提案によると、「Paxosはマーケティング手数料スキームの可能性を提起しましたが、これについて具体的な進展はありませんでした。マーケティング料が最終的に実施された場合、Makerはこれに応じてUSDP債務上限を増やすことができるでしょう。」

Nelson Wangによる編集。