LUNCトークンは、市場の不確実性が続く中でも急上昇を続けていますその背後には何があるのでしょうか?

Terra Classic(LUNC)は、Terra Luna/USTの崩壊後に残された元のチェーンであり、市場の不確実性と投資家のネガティブな感情が高まる中、投資家に希望の光を与えています。

このトークンは、過去数日間で印象的な利益を記録し、その向上の理由について思いを巡らせるようになりました。

執筆時点では、LUNCの価格は過去24時間で0.71%、過去7日間で16.95%増加しています。

売り圧に押される中、LUNC価格を押し上げる高い買い圧力

Terra Classicネットワーク上の活動の増加は、LUNCの最近の価格上昇の要因の一つのようです。Coinmarketcapのデータによると、LUNCの時価総額と取引量は、昨日の値を17.75%上回っています。

関連記事:ApeCoinの所有者は負のリターンに苦しんでおり、95%がその痛手を被っています

価格の上昇勢いは少し落ち着きましたが、LUNCは取引量上位の仮想通貨の一つです。LUNCの価格上昇により、取引量上位の仮想通貨の一員になりました。

LUNC価格上昇の他の注目すべき要因

LUNC Burn Armyが6月3日にv2.1.0アップグレード提案のニュースを共有した後、価格が急上昇しました。提案のガバナンス投票は6月7日に始まり、アップグレードは6月14日に実施されます。この開発はLUNCコミュニティで話題になり、LUNCトークンへの注目を集めました。

v2.1.0アップグレードは、Terra 2.0やCosmosチェーンを含む他のブロックチェーンと同等のLUNCをもたらすことを目的としています。この同等性により、開発者やプロジェクトがTerra Classic Chainでの開発を再開できます。

v2.1.0アップグレードには、5%の最低手数料をバリデータに設定することで公正な補償を促進するなど、Terra Classicに新しい機能や改善が追加されます。

また、Cosmwasmと2つのセキュリティアップデートが含まれ、エコシステムのセキュリティと信頼性が向上すると謳われています。さらに、近日実施されるアップグレードにより、Terra Classicエコシステムにいくつかの注目すべき変更がもたらされます。WasmVMアップグレードにより、マルチチェーンの相互運用性が導入され、Terra Classicの機能が拡張されます。

コミュニティに焦点を当てた改善イニシアチブ

v2.1.0アップグレード以外にも、LUNCの最近の価格上昇と取引量増加には、いくつかのコミュニティ支援イニシアチブが関係しています。そのうちの1つが、ネットワークの有用性を高めるトークンバーンイニシアチブです。

さらに、6月6日には、LUNC Burn ArmyがBug Bounty Incentive Programを導入し、アプリケーションの機能性、セキュリティの向上、およびネットワークの弾力性を促進することを目的としました。Bug Bountyイニシアチブは、セキュリティの脆弱性を特定して報告する倫理的ハッカーやセキュリティリサーチャー、開発者に報酬を提供することを目的としています。

さらに、1,000,000,000 LUNCトークンが流通から削除されたLUNCバーンイニシアチブも、トークンの価格を押し上げる要因の一つです。これらの改善提案は、LUNCへの投資家の関心を高め、現在の価格上昇の要因の一つです。