サム・バンクマン・フリード氏のアラメダ・リサーチの清算人が、数十億ドルを失った後、1億1000万ドルのビットコインを回収しました

現在、Sam Bankman-Friedによって設立されたアラメダ・リサーチ・ヘッジファンドの回収を担当する清算人は、ブロックチェーン分析企業Arkham Intelligenceが提供したレポートによると、さまざまなウォレットに保有されているビットコイン約1億1,000万ドルを管理しています。このレポートによると、これらのウォレットは2023年3月までに取引所やコールドウォレットからBTCを受け取っています。

これらのウォレットの集計により、清算人がアラメダの保有するBTCをどのように集めたかが分かります。4月の最近のトランザクションでは、アラメダのMerchantウォレットから1 BTCのテストが行われました。このBTCは後に、現在アラメダの清算人が管理している保有アドレスに送信されました。このアドレスは「アラメダ・マーチャント1」として知られています。2023年初めから、このアドレスには3,581 BTCが蓄積され、現在の価格で約9719万ドルに相当します。

レポートによると、「アラメダの清算人は、現在1108,100万ドル相当の4,083 BTCを確保することに成功しました。確保元は以下の通りです。

  • その他のアラメダウォレット:34.94 BTC(現在948.27Kドル相当)
  • Deribit:467.366 BTC(現在12.68Mドル相当)
  • WBTCカストディアン:2,997 BTC(現在81.34Mドル相当)
  • Bitfinex:298.027 BTC(現在8.09Mドル相当)
  • 未ラベル化のウォレット(おそらく取引所):286.7 BTC(現在7.78Mドル相当)

提供されたレポートからのスクリーンショット。

「ただし、これはアラメダが過去に管理していたBTCの一部にすぎません」とレポートは指摘しています。「このアラメダのBTCアクティビティのネットワークに接続されたウォレットは、ピーク時には8億ドル以上の価値があり、アラメダは中央集権型取引所や未リンクのコールドウォレットでさらに多くのBTCを保有している可能性が高いです。」

Arkham Intelligenceは引き続き、アラメダの清算人のオンチェーン活動を監視すると述べています。