レンズプロトコル、1,500万ドルを調達し、分散型ソーシャルメディアを強化 – 次のTwitterの競合者?

AaveのLens Protocolは、Web3のためのソーシャルレイヤーであり、15億ドルの資金調達を行い、分散型ブロックチェーンをバックエンドとしたソーシャルメディアの開発を進めています。

6月8日のブログ記事によると、IDEO CoLab Venturesが主導するファンドラウンドに、General Catalyst、Variant、Blockchain Capital、Palm Treeなどの他のVCも参加しました。

また、A. Capital、Seed Club Ventures、Robot Ventures、PUNK DAO、Flamingo DAOなどの注目のベンチャーキャピタル、Uniswap CEOのHayden Adams、OpenSea共同創設者のAlex Atallah、元Coinbase CTOのBalaji Srinivasaなどの注目のエンジェル投資家もプロジェクトに出資しました。

Lensが、みんなで一緒に作り上げるソーシャルメディアを開始

過去数ヶ月間、TwitterがElon Muskによる買収後に直面した課題を背景に、ソーシャルメディアの分散型ソリューションが多数登場しています。

Lensは、分散型ソリューションの最新企業の1つです。

プロトコルは、Web3のユーザー、クリエイター、ビルダーに利益をもたらすエコシステムの継続的な開発に、1,500万ドルの資金を投入します。

新しいアプリは分散化を優先し、ユーザーはプロフィール、コネクション、投稿、データの完全な制御を行えます。

クリエイター、ユーザー、ビルダーは、簡単に新しいプラットフォームに移行し、コンテンツとフォロワーを引き続き利用できます。

“Lensのビジョンは、人間のつながりによって支えられた次世代インターネットの採用を加速することです。Lensは、より社会的で、オープンで、公正で、民主的なインターネットを作り出します。そして、参加者によって支えられ、ブロックチェーン技術によって保護されます。”と、Lens Protocolの創設者であるStani Kulechov氏は述べています。

彼はさらに、「人々は、ニュース、写真、エンターテインメント、意見など、他の人とつながり、情報を共有することに駆り立てられます。Lensは、ブロックチェーン技術によって保護され、参加者によって統治される、より社会的、オープン、公正、民主的なインターネットを作り出します。」と述べています。

Kulechov氏によると、Lensは、ユーザーのデジタルアイデンティティを保護し、移植を可能にする革新的なアプローチをもたらしています。

彼は、新しいソーシャルメディアは、クリエイターやユーザーと収益を公平に共有する革新的な収益モデルや収益を上げるビジネスを導入し、インターネットの景色を変えるものになると述べています。

参加したVCの1つであるGeneral CatalystのパートナーであるNick van Eck氏は、Lensの取り組みが、ユーザー、クリエイター、起業家をエンパワーするプラットフォームの構築に向けられていると指摘しました。

Eck氏は、Lensのオープンソースの技術、データ、アルゴリズムが、ユーザーやコンテンツクリエイターにより多くの価値を提供することで、ソーシャルネットワークを変革する可能性があると説明しました。

ソーシャルネットワークを革命化する

ブログ記事によると、Lensは、ユニバーサルプロファイルを介してユーザーがシームレスにアクセスできる、分散型アプリのソーシャルエコシステムのウェブを展望しています。

プロトコルは、ユーザーが複数のサイトにログインする必要がある問題に対処するため、ユーザーがフォロワーやコンテンツ、データを引き継ぎながら、アプリからアプリへと自由に移動できるソーシャルエコシステムを作成します。

Variantの共同創設者で一般パートナーであるLi Jin氏は、Lensのチームが公開可能なソーシャルグラフを委託し、よりユーザー中心のソーシャルネットワーキングパラダイムを開放すると述べています。

Lensは、フロントエンドクライアントのない技術スタックとして立ち上がり、OpenSeaやStriveなどの新しいクライアントやアルゴリズムを持つ複数のサードパーティーソーシャルネットワークにエコシステムを拡大しています。

この開発は、新しいソーシャルネットワーキング時代の到来のマイルストーンを示す可能性があります。