「立法者:香港は2024年中にステーブルコインの規制を目指している」

Legislator Hong Kong aims to regulate stablecoins by 2024.

出典:Adobe / Dmitry Rukhlenko

香港の立法者、デュンカン・チウ氏は、ステーブルコイン発行のガイドライン策定を目指した2回目の協議の立ち上げを発表しました。

チウ氏は火曜日に発言し、報道によれば、彼は都市が2024年中にステーブルコイン発行業者のための規制ガイドラインを公表することを望んでいると述べました。

ステーブルコインは、米ドルなどの法定通貨など、比較的価値が安定した資産にペッグされた暗号通貨です。これらは伝統的なお金との取引手段として機能し、ブロックチェーンの利点であるスピード、プログラム性、国境を越えた取引などを持ちます。

8月には、業界の専門家のコンソーシアムが、USDTやUSDCなどの既存のステーブルコインに対抗する候補として、香港政府が自身のステーブルコインであるHKDGを導入するよう香港政府に提案しました。彼らは、民間機関がステーブルコインを発行することを許可する政府の既存計画は競争力を持てないと主張しました。

今月初め、別の香港の立法者であるジョニー・ウー氏は、開発者のビタリック・ブテリン氏に対して、仮想通貨を採用するための規制の取り組みについて学びに来るよう招待を延びました。これは、開発者が香港の産業への長期的なコミットメントに疑問を投げかけたことに対する応答です。

隣接する中国が仮想通貨に対して包括的な取り締まりを行っている中、香港はより仮想通貨に対し友好的なアプローチを取っています。6月には、この都市は仮想通貨のライセンス制度を導入し、ライセンスを取得した取引所に小売取引を提供する能力を与えました。

この戦略により、香港は規制的な環境の整った仮想通貨企業にとって魅力的な目的地としての地位を確立しました。一部のアナリスト、例えばCryptoQuantのマーケティング責任者であるホチャン・チョン氏は、この地域での取引流動性の復活が今後数ヶ月でBitcoinの価格を押し上げる可能性があると指摘しています。

ステーブルコインの規制は、アメリカ合衆国でもゆっくりとした進展を見せており、7月にはClarity for Payment Stablecoins法案が下院金融サービス委員会(HFSC)から承認を受けました。しかし、民主党が主導する上院での可決は依然として疑問視されています。

香港の仮想通貨調査

しかし、香港がステーブルコインの規制を煮詰める一方で、当局は仮想通貨小売取引業界内での不正行為の調査を開始しました。

警察は、JPEX仮想通貨取引所に関連する詐欺の共謀容疑で8人の逮捕が行われたことを明らかにしました。調査の進行に応じて、さらなる逮捕が行われる可能性があります。

警察は、JPEX事件に関連する1641件の苦情を受け取っており、苦情申立人は取引所から保有資産を引き出すことができなかったと主張しています。警察によると、これらの苦情は約11.9億香港ドル(1520万ドル)に相当する資産が危険にさらされていることを示しています。