レジャーハードウェアウォレットがクラウドベースの秘密鍵回復ツールを導入します

『クラウドベースの秘密鍵回復ツールを導入する、レジャーハードウェアウォレットの最新機能』

ハードウェアウォレット企業Ledgerは、暗号通貨コミュニティからの批判に直面しながらも、クラウドベースの秘密鍵復旧ソリューションを展開しています。

Ledger Recoverは、Ledgerハードウェアウォレット用のIDベースの秘密鍵復旧サービスで、10月24日に公式に発表されました(元TwitterのX)。このリリースは、GitHubでのLedger Recoverのオープンソースコードを完成させることと同時に行われます。

ブロックチェーン保護プラットフォームのCoincoverが提供するLedgerのシードフレーズ復旧ソリューションは、有料のサブスクリプションサービスで、ユーザーは秘密のリカバリフレーズ(SRP)をバックアップし、自分の暗号資産にアクセスできるようにすることができます。SRPは、秘密鍵をバックアップするためのユニークな24語のリストです。

Ledgerの最高技術責任者であるCharles Guillemetは、Ledger Recoverは、SRPが失われたり破壊された場合に「追加の耐久性のレイヤーを追加したい」と望むユーザー向けに設計されたものであると語りました。彼はまた、Ledger Recoverが任意の復旧サービスであることを強調し、以下のように述べました。

「このサービスを使用したくない場合は心配しないでください。常に100%任意です。従来通りLedgerを使用し続けることができます。何も変わりません。」

Ledger Recoverは、最初はLedger Nano Xと互換性がありますが、Ledger StaxとLedger Nano S Plusの統合も近日中に行われます。Ledger RecoverのFAQによると、このソリューションはLedger Nano Sとは互換性がありません。

Ledger Recoverは、最初にアメリカ、カナダ、イギリス、欧州連合のパスポートまたは身分証明書を保持している人々を対象としています。Ledgerは「より多くの国々をカバーし、より多くのドキュメントをサポートに追加します」と述べています。

Ledgerは、Ledger Recoverの本人確認「は同じではない」と強調しています。中央集権型の暗号通貨取引所で実施される「顧客認識(KYC)チェック」とは異なるとのことです。Ledgerは、同社の復旧システムは「有効な政府発行の文書」のみを必要とすると述べています。

「IDの確認を行うことで、KYCと比較して情報をはるかに少なく収集します。KYCにはIDの確認だけでなく、収入情報、犯罪活動の記録、市民権の確認などが含まれる場合もあります。」

ソーシャルメディアの投稿によると、Ledger Recoverサービスは1か月9.99ドル、または1年間約120ドルで利用できるそうです。サブスクリプションの支払いを行わない場合、サブスクリプションは一時停止され、ユーザーは次の9か月内にサブスクリプションを再アクティブ化することができます。

関連記事: ETFの申請がビットコインのストーリーを一夜にして変えた- LedgerのCEO

「未払いの残高に加えて、50ユーロの手数料を支払う必要があります」と、Ledger RecoverのFAQに記載されています。

Ledgerは、2023年5月にコミュニティの反発に応じて復旧サービスを一時停止した後、この展開を行いました。その後、LedgerのCEOであるPascal Gauthierは、自身のオープンソースコードがリリースされたら、製品を発売すると述べました。

最大の競合企業であるTrezorは、クラウドベースの秘密鍵復旧ソリューションを導入せず、物理的なバックアップソリューションを選択しています。Trezorは2023年10月中旬に、Trezor Keep Metalという独自の物理的なシードフレーズ復旧ツールを発売しました。

雑誌: 【Bitcoin OGsと専門家の意見】変動のある市場であなたの暗号を保護する方法