漏洩した欧州連合のメタバース戦略は、規制サンドボックスとガバナンス構造を含んでいます

ヨーロッパ委員会から最近リークされた文書は、メタバースがオープンかつ合法的に維持するためには新しい種類のグローバルガバナンスが必要であることを強調しています。

人気のある暗号化出版物であるKocooは、革新を促進するために規制を緩和することを提案する草案にアクセスできました。さらに、草案は分散型自治組織(DAOs)などの新しい形態のデジタル協力の法的障壁に取り組みたいと述べています。

教育、医療、文化の利点を引用した一部の草案では、「仮想世界は多くの社会的分野で前例のない機会をもたらします。この技術の変革は新しい形態のグローバルガバナンスも関与します。」と述べています。

文書は、技術基準、身元管理、検閲、監視といったさまざまなテーマにおける国際的な協力の重要性を強調しています。それは、インターネットの将来をEUの価値観と規制と一致するオープンで安全な空間として形作る必要性を強調しています。

「インターネット割り当て名と番号のためのインターネット協会(ICANN)」など、現在のオンライン世界に対処するグローバルな組織に言及した文書は、「委員会は、既存のインターネットガバナンス機関の範囲外にある仮想世界とWeb4の重要な側面に対処するための技術的な多利害関係者ガバナンスプロセスの創設を支援するでしょう。」と述べています。

ヨーロッパ法委員会と暗号通貨

ヨーロッパ法委員会は、暗号通貨業界の枠組みと構造の構築に真剣に取り組んでいます。1週間前、英国法委員会は、政府が仮想通貨や非代替性トークン(NFT)に関する法律を整備し、英国がデジタル資産とNFTのグローバルハブになることを提案しました。

委員会は、2023年までにデジタル協力モデルの可能性を探求すると述べています。これには、新しい金融アプリケーションを支える分散型自治組織(DAOs)が含まれます。その結果、彼らは「採用を妨げる法的、行政的、経済的な障壁を特定する」ための研究を行うことになります。

文書によれば、来年の初めには「規制サンドボックス」の推進が始まり、より緩和された規制フレームワークの下で短期プロジェクトをテストすることが提案されています。また、文書は、大手の「ゲートキーパー」企業の支配や、ブランドの信頼性を損なう可能性のある偽造品の脅威についても懸念を示しています。