主要な民主党議員が、暗号通貨法案に関するゲンスラーとイェレンからのフィードバックを求めています

米国下院金融サービス委員会の委員長であるマキシン・ウォーターズ(民主党カリフォルニア州)は、暗号資産関連法案の成立を確保するために規制当局に働きかけました。この法案は、米国内のデジタル資産取引所が米国証券取引委員会(SEC)に登録するための道筋を提供するものです。

6月23日付けのSEC議長ゲンスラー宛ての手紙では、「Digital Asset Market Structure提案」がSECの「既存の権限」、すなわち「投資家保護と公正かつ効率的な市場維持の使命及び能力」にどのように影響するかを明確に示すよう求めています。

同様の手紙が、財務長官ジャネット・イエレンにも送られ、「Digital Asset Market Structure提案」が財務省及び「米国の経済的繁栄を促進し、米国の財政安定を確保する」ための同省のミッションにどのように影響するか、また、同省または金融安定監視委員会が行った「デジタル資産に関する報告書」の「政策提言」に対応するかどうかを説明するよう求めています。

提案書に署名したのは、パトリック・マクヘンリー議員(共和党・ノースカロライナ州)とグレン・トンプソン議員(共和党・ペンシルベニア州)で、今年の議会で作成された最も重要な暗号資産規制提案です。この案は、デジタル証券、商品、ステーブルコインの取引を承認し、暗号資産ベースの証券と商品を区別するためのガイドラインを提供します。

これらの手紙は、民主党が拒否する人も多いが、急速に発展する暗号資産業界により大きな規制上の明確性をもたらす可能性のある法案を推進するための民主党の試みを示しています。

ゲンスラー議長の監視下で、SECはCoinbase、Binance、Kraken、Bittrexなどの主要な業界プレーヤーをターゲットにした一連の取り締まり行動を行ってきました。

ウォーターズ氏は、ゲンスラー氏とイエレン氏に対し、要求に対する回答を金曜日までに提供するよう求めました。

編集:Nelson Wang